アメリカ CES 2018が開幕!!





みなさん、こんにちは。

1/9 アメリカ時間よりCESショーが開幕します!最近、自動車業界でもCESでの出展という言葉をよく聞くようになりました。果たしてCESってなんでしょう?これまでデジタルや家電の業界ではよく知られているアメリカ、ラスベガスで開催される見本市でしたが、自動運転や自動車のデジタル化にともない、自動車メーカーも最近は出展するようになってきました。

2018年のCESでは、日本からトヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業がノースホールにブースを構え、また、サプライヤーとして、デンソー、アイシン精機なども展示を行なとの発表がありました。

自動車メーカーは各社、多大なコストがかかり、スタンドアローンなモーターショーから徐々にこちらの家電見本市にシフトしてきており、外車.COMでは今後このCESが自動車・IT・家電・デジタルを含めたいちばんの見本市になると考えており、ぜひこのCESをフォーカスして、紹介したいと思います。




CES (Consumer Electronics Show)

CESとはコンシューマー・エレクトロニクス・ショー (Consumer Electronics Show)のことで、日本語では国際家電見本市とも訳されます。毎年1月にアメリカはネバダ州のラスベガス!で開催されるデジタル、家電、自動車、新技術等のショーです。ラスベガスコンベンションセンターという有名な場所が会場となります。ちなみに、全米民生技術協会というアメリカの協会が主催者です。

こちらが2017年のCESの様子です。とにかく人の数が半端ないです。2017年の開催実績は、出展企業が4000社以上、来場者数は18万4279人で、来場者のうち米国以外からは約6万人、日本からの来場者は4680人だと主催者の発表もありました。

CESの歴史

第1回は1967年6月、ニューヨークで開催されました。1978年から1994年までは、ラスベガスで1月に開催されるWinter Consumer Electronics Show (WCES)とシカゴで6月に開催されていたSummer Consumer Electronics Show (SCES)の年に2回開催されていましたが、その後、統一されて1995年より、1月に開催されるCESとなります。

ラスベガスコンベンションセンター

歴代の主要なゲームやエポックメイキングな商品はこのCESで発表されてきました。例えば、Xboxは2001年に、ファミリーコンピューターも1985年に発表されたゲーム機です。1970年にはビデオテープレコーダーなんかも発表された歴史のある見本市となります。

ある程度の年代にとってはどれだけハマったことか・・・素敵なゲームでした。

展示メーカーに異変。車業界の参入。

これまでゲーム機や家電、パソコン業界が主流であったショーでしたが、転機は2011年あたりから、どんどんと車メーカーが彼らの先進の自動運転等の技術を発表する場所になってきたことでした。

これまでのCESにおいては車の展示と言えば、音響システムやカーナビといったものが中心であっても新ナビメーカーであったオランダのTOMTOM社がポータブルで革新を起こしたり・・・という程度でした。

しかしながら、フォードはその年に開催されるデトロイトのオートショーではなくて、CESで電気自動車の新車発表を行い、関係者を驚かせたりしました。その後はみなさんもご存知のとおり、アウディは2011年のCESで自動車メーカーとしては初めて、NVIDIAのモバイルデバイス向け「Tegra 2」を自社のカーナビに採用したりしました。2014年にはその例としてAudi TTクーペの先進的なコクピットが展示されました。

当時2011発表されたFord EV

Tegraを採用したAudi TT

また、アメリカの自動車ベンチャーは2015年のCESで最新のModel Xを展示しています。

もちろん、日本のトヨタも出展をしており、2016年には燃料電池自動車FCVの展示もしています。

2017年のCESでは日本的な、愛iをコンセプトにすこし「やっちまった」感がありました・・・

もちろんそれ以外にも世界的なイベントなので、メルセデス・ベンツ、BMW、フォードなども出展。ボッシュ、ヴァレオ、ZFといったメガサプライヤー軒並み出展を予定しています。特に近年さかんなのは自動運転車のデモ走行。これなら、完成車を借りて、サプライヤーでも自社のパーツを組み込んででもを行うことができます。今年は、ルネサス エレクトロニクス、ヴァレオ、日立オートモティブシステムズなどが、それらを行うようです。

パソコン・家電・デジタル各社は?

もちろん、車関連だけでなく、もともと出展を行っているメーカーの状況はどうでしょうか?通常会期2日前の1月7日から出展各社が報道関係者向けの発表イベントを開催します。

1月7日夜には米NVIDIAのプレスカンファレンスに創業者兼CEOのジェンスン・フアン氏が登壇し、最新の自動車テクノロジーを紹介する予定です。また韓国LGエレクトロニクス、トヨタ自動車、パナソニック、ソニー、デルやレノボなどの報道発表も目白押しです。

特に今回はアメリカのテックジャイアント、Googleが初めて出展するということもあって注目を浴びています。

まとめ

世界では今後このCESがますます重要な見本市になっていくことは間違いなしです。外車.COMではCES 2018の状況も今後アップデートしていきたいと思っています。また、会社関係でもし、出張でラスベガスにや、アメリカに在住で、行く時間がある方など、下記サイトで最新情報をご確認ください。最近は日本語でのページもあるようです。

CESのオフィシャルサイトはこちらから