テスラが新型「Roadster」ロードスターを発表!





みなさん、こんにちは

最近いろいろな意味で世の中や車業界で注目を浴びている米国のEV専門自動車メーカーの「テスラ」ですが11月17日(アメリカ時間の11月16日)になんと、EVのトラック「テスラ セミ」と新型・次期型「ロードスター」を発表しました。

今回は、トラック発表イベントとして、告知されていたにも関わらず、突然の発表となったRoadsterについてまとめてみたいと思います。

11/16のテスラの発表

米テスラモーターズは11月16日(現地時間)、2019年から生産開始するEVトラック「テスラ セミ」と、2020年に向けて開発中のスポーツタイプの新型EVを公開。アメリカではいわゆる牽引トラック・トレーラーのことを「セミトラック」と呼ぶのが通称です。



同時に公開されたスポーツタイプの新型EVは、4シーターで可動式で取り外しも可能なルーフを備えるロードスターモデル。3つのモーターと200kWhのバッテリーを搭載して、航続距離は620マイル(約1000km!!)走行性能では最高速度は250mphで、なんと0-60mph加速1.9秒、0-100mph加速4.2秒を実現するモンスターマシーンです。発売時期は2020年ということで、現在は目下開発中とのこと。イーロン・マスクさんが何回もいっていたのは、この世の中のどんな車よりも速くてパフォーマンスが高いモデルを作るということらしいです。

デザインはこちら




インテリアのチラ見せはこんな感じ。このようなハンドルになるかは不明ですが、2020年には実現するかもしれませんね。

気になる価格は?

価格は20万ドル(約2250万円)からで、テスラおなじみの予約制のようです。他のモンスター級の馬力や速さを誇るブガッティやランボルギーニの価格が1億円等行くなかで、この新型ロードスターのパフォーマンスを備えておきながら2250万は安すぎるのでは??と声が上がっています。

最新の情報では最初の限定車に関しては、納車は2年余り先ですが、購入には頭金25万ドル(約2840万円)を払う必要があります。いずれにせよ、この金額でこのいままででは考えられないスペックを得られるのはまちがいないので、予約も増えているようです。

実際のプレス発表の様子

こちらのYou tubeで会見が早くも上がっています。




今後の展開

2020年の開発ですから、実際の納車もそれくらいの時期になります、ただ、通常はテスラ本社のある西海岸から納車を開始されますので、東海岸を回って、ヨーロッパ、日本・・・いつくらいに日本に来るのか、だいぶん時間がかかりそうですが、楽しみに今後の展開をまっていましょう。

もっと気になる人へ

テスラではこの新型ロードスターの先行予約を受け付けています。車の仕様もまだ概要しかわかりませんが、詳細は下記、公式サイトで確認できますので、ぜひ検討してみてください。

テスラロードスター公式サイトはこちらから