日産 新型EV その他メーカーの2018年北京モーターショー展示予定!





みなさん、こんにちは!

2017年に新型リーフを発表し、セレナの e-powerなどかなりEVメーカーとしてのイメージがついてきた日産ですが、なんと今月25日から中国で開催される「北京モーターショー2018」で新型の電気自動車(EV)を世界初公開することが発表されました!日産はここにきて、中国市場で高まるEVの需要に応えるため、そして、購買意欲の高い、中国のお客さまの関心を惹きつけるモデルのEVを発表するとのこと。日産では2022年までに中期経営計画で、新型EVとして電気自動車を8車種投入する方針を示しています。まだあまり情報のない今回新型EVですが、どのようなモデルになるのでしょう!また、マツダやレクサスもいろいろな新型モデルの出店を予定しており、かなり面白いモーターショーになりそうです。早速みて行きましょう。




日産の発表内容は!?

日産自動車は、4月25日から5月4日まで開催される北京モーターショー2018にて、電気自動車(EV)のクロスオーバーコンセプトIMx KUROと新型リーフを出展。さらに世界初公開となる新型EVの出展を発表しました。日産ではの新型EVについての画像などを出していなく、デザイン等は当時までわかりませんが、今後はティザーサイトもオープンするのでは?と予測されます。日産の北京での目玉は以下。

  • 電気自動車(EV)のクロスオーバーコンセプト『IMx KURO』
  • 新型『リーフ』
  • 世界初公開の新型EV
  • 新型LCVテラの発売

世界初公開の新型EV

最大の話題である、世界初公開の新型EV。これに関してはスクープやネタも出て来ていないので、相当リークには気をつけて情報を操作しているのでしょう。今回出展する新型EVは中国市場の高まるEV需要に応えるとともに、日産および同社の中国における合弁会社である東風汽車の成長戦略にとって重要なモデルだと発表されています。これからモーターショーが近ずくに連れてティザーサイトや画像が流出すると思いますので、外車.COMでも随時、アップデートして行きたいとおもいます。

クロスオーバーコンセプト IMx Kuro

ニッサン IMx KUROは、2017年10月に東京モーターショーにて世界初公開したコンセプトカー「ニッサン IMx」からそれらを「黒」をテーマに一新しましたモデル。黒のトリムとホイール、ダークグレーのボディカラーを採用し、グリルもよりソリッドなデザインに変更されています。その後は2018年3月のジュネーブモーターショーでも公開され欧州デビューも果たしました。今回中国への展開となります。




中国初公開となり、より安全、便利で、ワクワクするドライビングを提供すると日産は述べており、車がより身近で頼りになるパートナーとなることを目指したクロスオーバーコンセプト。日産が独自開発した「Brain to Vehicle(B2V)」技術を搭載し、ドライバーの脳波を測定・解析することで、常の運転時にも自動運転時においても、ドライバーの思い通りの運転を実現することを支援し、運転する楽しさを高めると発表されています。まだコンセプト段階ですのでどこまでこれらの技術が進んでいるのかわかりませんが、楽しみなモデルです。

新型リーフ

2017年に発売され、それまでデザインと航続距離が不評を買っていましたが、昨年のフルモデルチェンジであらたな金字塔を打ち立てているモデルといって過言はないかと思います。グローバルでは累計30万台以上を販売し、先日のニューヨークモーターショー2018にて、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつで最も環境性能に優れた1台に贈られる「ワールド・グリーン・カー賞」も受賞しました。このリーフは国として購買意欲の強い中国、そして環境問題が山積みでEVのナンバープレート取得にはインセンティブのある中国ではかなり売れそうなモデルになりそうです!

新型テラ(番外編)

日産はまた、小型商用車(LCV)における新型車第一号テラを出展予定です。新型テラは、日産LCVの「どこにでも行ける(Go Anywhere)」を体現したフレームSUVで今春より中国を皮切りに、アジア各国で発売するアジア戦略モデルとなっています。今までにないドライビング体験を求める中国のお客さまの高まるニーズに応えるとのこと。こちらも画像を見る限りでは普通にSUVとして人気が出そうなモデルです。


北京モーターショーとは?

2年に1度中国・北京で開催される世界最大級の自動車展示会です。北京モーターショー (ペキンモーターショー、北京国际汽车展览会、Auto China、BEIJING INTERNATIONAL AUTOMOTIVE EXHIBITION)が各国語の表記。おとなり、中華人民共和国の北京で1990年から隔年開催されており、2018年、今年はは開催年となっています。もう一つ有名な上海モーターショーは北京モーターショーとは被らない設定となっています。

マツダ

ちなみに、日本の競合である、マツダは、3列シートの新型スポーツ多目的車「CX-8」を海外初公開です。同車はマツダの国内SUVの最上級モデルで、海外向けをターゲットとして注目を浴びて来ました。2017年の12月の年末の発売以来、かなりの人気を得ており、累計受注台数は2万台を突破。中国市場でも日本ブランドとそのデザイン力で人気がでることは間違いなさそうです。他には ロードスターRF, CX-5, Atenzaなどの新商品も展示されます。




レクサス

また、レクサスはまだ名前が明らかになっていない将来発売予定の新型車のティーザー画像を公開しており、お馴染みのスピンドルグリルがほぼ全てを占めているこのモデルは「予測不能を予測せよ(Expect the Unexpected)」とコピーが打たれています。これは次期型「ES」ではないかと予測されており、こちらも北京モーターショーでお披露目となります。

ピニンファリーナ(番外)

また、他メーカーの注目株としては、イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナが北京モーターショー2018において、なんと、電動セダンの『H500』を初公開すると発表しています。

H500は、香港に本拠を置くハイブリッド・キネティック・グループと共同開発する1台で、北京モーターショー2018で初公開される予定のH500は、電動セダンのコンセプトカー。モーターやバッテリーなどの電動パワートレーンは、ハイブリッド・キネティック・グループが主体となって開発とのこと。まだ開発段階のようですが、このデザインはとても興味が湧きます。

まとめ

日産のプレスカンファレンスは4月25日(水)午前中に日産ブースにて行われます。これからも情報があり次第アップデートしていきたいと考えています。もしそれまで待ちきれない、気になる人は下記メーカーの公式リンクからアップデート状況をキャッチしてみてください!

日産公式リリースサイト

レクサスリリースサイト