東京オリンピック仕様ナンバープレート!





みなさん、こんにちは。今回は直接車の記事ではありませんが、2020年に迫った東京オリンピックで、それに伴いいろいろな限定物、グッズ等が販売される見込みでなんと、東京オリンピック仕様の車のナンバープレート!?が取得可能になっていますので、その情報をまとめて見たいと思います。

東京オリンピック2020のナンバープレートについて

2020年のオリンピックは、第32回夏季オリンピックで、会期は下記の通り。

  • 開会式:2020年7月24日(金)
  • 閉会式:2020年8月9日(日)

じゃ、ナンバープレートっていったい??

国土交通省は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様のナンバープレートを交付すると発表しています。報道発表によると、国土交通省では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を記念した特別仕様ナンバープレートの背景デザインを国民から広くアイデアを募集し、デザイン選考委員会(委員長:秋元 雄史 東京藝術大学大学美術館 館長・教授/金沢21世紀美術館 特任館長)の審査等を経て、最終デザインを決定。そして、この特別仕様ナンバープレートの交付スケジュールを決定したとのこと。

こちらがそのデザイン!!

未来社会への希望の光をイメージした左と右はよりシンプルなデザインです。どうせなら、右の派手なデザインの方がインパクトがあるなと思いますが、どうでしょう。

スケジュールについて

事前申込み開始日:平成 年 9 月 4 日 (月) からでもう始まっていますね。ご自身でウェブサイト (http://www.graphic-number.jp) で申し込み。行きつけのディーラー・整備工場で相談も可能のようです。

交付開始日: 平成 29  10  10  (火)ということです。新車・中古車の購入時はもちろん、現在お乗りの車の車検時などで同じ番号ならいつでも交換が可能です。 オリンピックとパラリンピックのエンブレムを2枚1組で交付。前後面にどちらのエンブレムのものを取り付けるかはユーザーの任意ということなので、これは面白そうです。

きになる値段は?

ナンバープレートの交付料金は地域により異なりますが、東京では7,210円(寄付金は別途)です。また寄付金も同時に募っており、1,000円以上の寄付をすると、図柄入りナンバーを選択することができます。(この寄付金は、大会開催に必要となる交通サービスの改善(バス・タクシーのバリアフリー化等)に充てられるとのこと)

軽自動車やタクシーなどのハイヤー、事業車両、一般車両別ではこんな感じのナンバープレートになります。

まとめ

1000日を切った東京オリンピック、これからもいろいろ盛り上がるアイテムや限定物が出てきそうで楽しみです!外車.COMでもアップデートしていきたいと思います。実際のナンバープレートの交付や質問に関しては国土交通省のウェブサイトまで