ホンダ フィット 新型フィット マイナーモデルチェンジ


みなさん、こんにちは。

先日トヨタ アクアがマイナーモデルチェンジをしたばかりですが、先日からティザーがされていた通り、ホンダの主力小型車種であるフィット(FIT)も同じくマイナーモデルチェンジを行いましたので、早速レビューを行いたいと思います!はやりこの辺はガチンコの競合車種とあってホンダも負けじと合わせていますね。それではいってみましょう!

ホンダはコンパクトハッチバック車「フィット (FIT)」をマイナーチェンジして6月30日に発売しました。価格は142万〜236万の設定です。今回の変更はフィットが2013年に発売されてから初めての大掛かりなものになります。

モデルの最高燃費は37.2km/l !!トヨタのアクアが38.0km/lなので、ほんの少し負けてしまいましたね!でもこれは誤差の範囲だと思われます。(メーカーの開発や営業の方にしたら死活問題でしょうけど・・)

エクステリア・インテリア

エクステリアはバンパーのデザインを刷新して、よりスポーティーで高級感が出るようにデザインされています。新しいLEDヘッドライトは先進的で高機能なイメージを出しています。

だんだん上の車種の顔つきと似てきましたね。シャープさはでましたが、造形ラインが複雑であまりすっきりしたデザインではありません。賛否両論あるところだと思います。サイドミラーがブラックになっているのはかっこいい。

つづいてリアサイドですが、とくにバンパーラインに入ったシルバーのラインは良いですね。一時期、アウディのRSシリーズのようなスポーツモデルに良く採用されていました。もう少し幅広でワイド感があればアクアより一歩上を行けたと思うのですが、インテリアのルーミネス等色々あったのでしょう。

内装については、大分上質な感じに仕上がっているようです。 それにしても大分引いて撮影をしていますね、天井が実は無い撮影車なのでは・・・と思ってしまいます。

その他の主要変更点は「Apple CarPlay」「Android Auto」に新たに対応して、携帯を直接繋ぐことで音楽の再生や、音声通話ができます。この機能はとても嬉しい!

ラインナップとスペック

ラインナップはかなり充実したものとなっており、この組み合わせ以外にCVTや5MTなどギアの選択もでき迷いそうです。

ガソリンは直列4気筒DOHC 1.3リッターもしくは直列4気筒DOHC 1.5リッター、ハイブリッドは直列4気筒DOHC 1.5リッター+ハイブリッドの組み合わせです。

ガソリン  価格(2WD/4WD)
13G・F(2WD/4WD) 143万/162万
13G・L Honda SENSING(2WD/4WD) 165万/185万
13G・S Honda SENSING(2WD/4WD) 180万/199万
15XL・Honda SENSING(2WD/4WD) 185万/202万
RS・Honda SENSING 205万
ハイブリッド
HYBRID(2WD/4WD) 170万/190万
HYBRID・F(2WD/4WD) 182万/201万
HYBRID・L Honda SENSING(2WD/4WD) 208万/224万
HYBRID・S Honda SENSING(2WD/4WD) 221万/237万

 

ホンダセンシングとは (Honda Sensing)

今回、特筆すべきは小型車ながら、ホンダの先進安全運転支援システム HONDA SENSING(ホンダセンシング)を搭載したり、エクステリアやインテリアの変更、パワートレインの改善や、その他細かい改良が行われたことです。

ホンダの安全装備とはどんなものでしょうか。

ミリ波レーダーと単眼カメラで検知した情報をもとに、
安心・快適な運転や事故回避を支援する、先進の安全運転支援システムです (Honda ウェブサイト)

ということですので、他のメーカーと同じようなシステム構成ですね。

ミリ波レーダーで前方を見渡し(これは雨でも霧でも前方の障害物を検知)またカメラで障害物を認識するシステムです。輸入車や外車には数年前から搭載されていましたが、今回のようなコンパクト車にも標準装備となっていくことは嬉しい限りです。ホンダの説明でも下記のように分かり易く説明されています。

運転に少し不安がある人もこのシステムで安心できます。


(出典:Honda website http://www.honda.co.jp)

競合・ライバルは??

このセグメントを検討中のみなさんは車選びには困る事が多いかと思いますが、ざっと見ただけでも以下のライバル車があり、消費者としては選択肢があるので嬉しいとことです。ただ、どれも殆ど似たような!?感じですので、是非自分のだけの1台を見つけてください。

トヨタ アクア (Toyota Aqua) 

先日マイナーチェンジをしたばかりのライバル。スペックも殆ど同じですので、あとは個人の好み?でしょうか。

日産 ノート (Nissan Note) 

こちらも引き続き人気がある車です。最新版は16年11月にも商品の変更が行われているので、こちらも最新の機能を装備しています。(それにしてもフロントマスクは結構FITににていますね・・)少し日産らしさというか可愛らしさがあるので、女性の方は良いのではないでしょうか。

マツダ CX-3  (Mazda CX-3)  

こちらは最近人気のあるマツダです。フロントマスクも他と比べるとより精悍な顔つきで、ドイツ車を連想させます。なんと、アクアやFITと同じく、29日に下記の商品変更を行っていました。なんと、みんな同じ時期にニュースを作ってくるんですね。

 

マツダは、コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を一部改良。価格は210万6000円~306万6400円でこれまでののクリーンディーゼルエンジンモデルに加え、ガソリンエンジンモデルを追加し、エントリーは210万6000円(税込)からとなりました。ガソリンエンジンモデルは7月末から生産予定。

こちらはアクア・フィットに比べ、男性やもっと走り重視の人に向いてるかと思います。

試乗レビュー

まだ6月30日に発表されたばかりですので、今後レビュー動画が上がってくると思いますので、それを待ちましょう。

いかがでしたでしょうか? 今回は新型フィットの速報レビューを行いました。気になる方はお近くの販売店で試してみては如何でしょうか?

また、気になった人はホンダのフィット公式ページもチェック

外車.COM おすすめ記事