米国 起業家イーロン・マスクについて

みなさん、こんにちは。

最近テスラというアメリカ・シリコンバレー初のベンチャー自動車会社がフォードやGMの時価総額を抜いたというニュースが駆け巡りました。外車.COMでもいくつか記事を書いていますが、テスラブランドを作ったアメリカの天才起業家、イーロン・マスクさんについて纏めてみたいと思います。

テスラに関してはアメリカのシリコンバレーを拠点に、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社。本社所在地はカリフォルニア州パロアルトで、社名は物理学者のニコラ・テスラさんにちなんでいます。


イーロン・マスク (Elon Musk)

1971年、南アフリカ生まれの46歳。

アメリカではアップルのスティーブ・ジョブズとならんで、ベンチャーの風雲児として有名なイーロン・マスクさんです。彼は元々南アフリカの出身で、大学のためカナダに渡り、その後ペンシルベニア大学ウォートン・スクールへ進むつもりが2日で退学をして、企業活動をするようになりました。

彼がすごいのは弟と一緒に、Zip2社という会社を企業して、後に当時パソコンの会社であったコンパック(ある程度の世代の方は覚えているかと思います)に買収され、多額のお金をゲットします。その後は1999年にはオンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスを行うX.com社の共同設立者となり、いまでもオンライン決済サービスのトッププラットフォームである、PayPal社となります。

引用:Businessinsider.com

いまはロケットを製造開発するスペースX社、太陽光発電会社ソーラーシティ等の社長を努めており、テスラという車会社だけでなく、壮大なプロジェクトの会社(宇宙と電力!)のトップである、想像を絶するバイタリティーの持ち主のようです。

最近ではドナルド・トランプ大統領のもとで、大統領戦略政策フォーラムのメンバーでしたが、トランプが環境問題について様々な国々が合意した、パリ協定離脱を表明したため、6月に辞任した模様です。イーロンさん自身が環境問題について深く考えているので、当然の結果かと思います。


テスラのモデルと電気自動車

テスラは電気自動車オンリーのメーカーです。とにかく二酸化炭素や排気ガスを排出する車は環境に良くない、100%電気であれば、公害の解決もできる。すごく全うな考えだと思います。中国の大気汚染等、地球レベルで問題になって来ていますね。それではどんなモデルがあるのでしょう。

Model S モデル S

日本では2014年に販売開始がされた、ラージセダンの電気自動車です。詳しくは以前のブログの電気自動車ランキングでも述べていますので、そちらも参考にして見て下さい。

Model X モデル X

日本では2016年から発売されている、SUV電気自動車。見た目はプリウスのでかいバージョンかと思いますが、本当はかなりでかいです。このファルコンウィングドアは目立つ事間違い無し。

Model 3 モデル3

こちらは以前ブログしたように、2017年の7月28日からアメリカでは出荷開始となっています。サイズはBMW 3 seriesやAudi A4、メルセデスのC-classと同じくらいと予測されますので、日本での導入が待ち遠しいです。噂では日本には2018年以降納入との事ですね。

自動運転と安全技術について

こちらはもう、テスラお得意のオートパイロット機能が有名です。基本的にはレーダー・超音波・カメラを使ったアダプティブクルーズコントローリングとオートステアリングで他のメーカーと変わらないシステム構成ですが、ソフトの部分がテクノロジーの会社だけあって他の伝統的な自動車メーカーからは一歩先を行っているのでしょう。完全自動運転も近いようです!


宇宙開発をするSpaceX社

そして2番目に紹介するのが、なんとイーロン・マスクさんはロケットも作っています。なんという規格外なのでしょうか。。。下記はwikipediaからの引用です。

2002年にマスク氏によってカルフォルニア州で設立。

2006年にはNASAと契約し、国際宇宙ステーションへの 物資補給のため商業軌道輸送サービスを契約した。

2010年12月9日には民間企業としては世界で初めて軌道に乗った宇宙機の回収に成功。

スペースXは民間による火星探査や移民構想も掲げており、2020年代には飛行を開始するとの目標を明らかにしている

ただでさえ、テスラで忙しいと思いますが、どうやってロケットの事まで考える事ができるのでしょうか。この辺に天才起業家と呼ばれる所以がるように思えます。


太陽光発熱のソーラーシティー (Solar City)

そして最後に紹介するのが、カルフォルニアのサンマテオに本社を置く、ソーラーシティー社です。こちらは太陽光発電とエネルギーに関する企業です。先日、テスラがこの会社を買収するということで話題になりました。

こちらは太陽光発電(発電ルーフ)を家庭に配置して、電力を確保、そしてPowerwall (パワーウォール)という蓄電器でそれを昼にためておりて、夜間や災害時に使うと言うコンセプトです。

これにより、系統電力(いま普通に家庭に電力会社からいっている電力)に頼らず、電気の自給自足ができるということになります、また自動車も電気自動車ですので、化石燃料からいち早く脱出するというテスラのコンセプトに合致したシステムになっています。

こちらの屋根にあるのが、ソーラールーフで、壁に掛かっているのがパワーウォールという蓄電器です。特にアメリカやハワイなど日光がさんさんとある地域では実用化が速そうですね。

番外編:

このようにとても多忙なイーロン氏ですが、子煩悩ということで知られています。よく子供さんと一緒にいるところを目撃されているようです。

ところが、2016年7月に俳優のジョニー・デップと離婚申請中のアンバー・ハードと交際が噂され、 2017年4月には二人はオーストラリアのパーティー会場にツーショットで堂々と登場し、アンバーと彼女の父親はイーロンとの交際を認めたようです。これは、トヨタの社長が、日本の女優とつきあっていた・・・とは言い過ぎですが、日本ではなかなか起きないゴシップではないでしょうか。さすがアメリカです。

これからもイーロン・マスク帝国から目がはなせなそうです!

外車.COM おすすめ記事