Mazda マツダ CX-5 新型の最新情報




みなさん、こんにちは。

2017年2月に発売されたマツダCX-5の新型、モデルチェンジですが、とにかくかっこ良く、販売台数も伸びているようですので、改めてこのモデルについて纏めてみました。是非車選びの参考になれなと思います。

2018年2月アップデート!

マツダは新型CX-5のマイナーチェンジ (一部改良) を行い2018年3月8日発売する模様です。今回の年次アップデートは下記。

新型CX-5のマイナーチェンジ (一部改良):

2.2Lディーゼルターボ モデルを最高出力190ps/最大トルク45.9kgmに改良します。さまざまな技術を追加して、少量の燃料で静粛性と燃焼効率、高い環境性能を両立する「急速多段燃焼」を採用。そのエンジンの概要はこちら。

2.2L 直列4気筒ディーゼルターボエンジン SH-VPTS型
最高出力:140kW(190PS)/4,500rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgm)/2,000rpm
JC08モード燃費:2WD車19.0km/L/ 4WD車18.0km/L

なお、安全システムでは最新の「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションで設定し、「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」を全グレードに標準装備。
フロントドア/リアドアのパワーウインドーに「自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付」を採用。
フロントドア/リアドアのパワーウインドースイッチにイルミネーションを追加してます。

ますます、高機能でデザイン性に溢れるCX-5はこれからも見逃せません。

CX-5とは?

2012年2月16日発売のマツダクロスオーバーSUVモデルです。2011年のフランクフルトモーターショーで市販モデルが公開されました。その後、12月の東京モーターショーに出品されます。

初代(2012-2016モデル)

SKYACTIV(スカイアクティブ)技術をガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用し、上質で気持ちのいい走りと、優れた燃費性能を両立した、マツダの肝入りモデルでした。

初代は価格も205万〜319万で庶民にも手の届き易い価格設定。また、他社に先駆けて設定された、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車は、ポスト新長期規制に適合しながら、すべてのSUVの中でトップとなる18.6km/L(JC08モード)の優れた燃費性能と、最大トルク420N・mによる4.0L V8ガソリンエンジン車並みの力強い走りを実現。

昨今のマツダを象徴する素晴らしいSUVとなっています。

当時のコンセプトモデルとなった「勢」 いま見ても古くささがまったくありません。

その後、2016年11月16日の公式発表から大きな話題を呼び、2月2日にフルモデルチェンジが行われました。

CX-5 新型のエクステリア

そして、この新しいデザインです。エクステリアデザインでは前後トレッドを初代から約10mm拡大して台形フォルムとし、フロントグリルの先端を逆方向にせり出すことで、非常に強い立体感をだしています。

また、ヘッドライトもシャープになり、遠くから見るとAudiや他のドイツ車を見間違うほどのデザインとなっています。

また「魂動デザイン」の造形美をより質感高く際立たせるために、新しい「赤」の特別塗装色「ソウルレッドクリスタルメタリック」をヒーローカラーとなり、また「マシーングレープレミアムメタリック」など、全8色が設定されています。特にこの「マシーングレー」のカラーが素敵です。

リアのルーフラインの造形も絶妙です。最近流行の区クーペライクな曲線にしていないのに、とてもスマートに見えます。

インテリア

こちらも高級感があり、文句の付けようがありません。どうやらかなりアウディを意識しているような気がします。

ラインナップは?

価格は246万~321万円となりますが、この仕上がりでこの値段はバリューがとても高いと思います。簡単に纏めると下記の構成。

20S (ガソリン 2.0L)
XD (ディーゼル 2.0L)
25S (ガソリン 2.5L)

ラインアップは、SKYACTIV‐G 2.0エンジンを搭載した「20S」、「20S プロアクティブ」、SKYACTIV‐G 2.5を搭載した「25S」、「25S プロアクティブ」、「25S Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2を搭載した「XD」、「XD プロアクティブ」、「XD Lパッケージ」となります。

新型CX-5の燃費性能は前モデルの 14.6〜18.6km/Lと大きな違いはありませんが、ディーゼルエンジンは強力なトルクと低燃費を実現しており、まったライバルと比較しても負けることんのないスペックです。今後の新しいスカイアクティブ/ SKYACTIV-GEN2の導入も期待されています。

安全技術について

先代のモデルと比較して、下記の改善が行われています。

  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)は追従可能な速度域の下限を従来の30km/hから0km/hへと拡大。これにより0〜100km/hの間での追従走行が可能。
  • 車両や障害物に加え、歩行者の検知も可能な「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」と速度制限・進入禁止・一時停止の交通標識を認識し、アクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示する「交通標識認識システム」を採用

i-ACTIVSENSEとは?

マツダが開発した先進安全技術の総称です。高精度のミリ波レーダーやカメラを用いて周囲の状況を検知し、衝突事故を未然に防ぎます。機能としては他のメーカーと大きく変わりはありませんが、詳しくみてみましょう。

  • 交通標識認識システム

    走行中にカメラで速度制限、進入禁止、一時停止、追い越し禁止、はみ出し禁止の交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。これは何かと便利なシステムです。このあたりは輸入車では対応できない国産ならではの強みですね。

  • アダプティブ・LED・ヘッドライト

    左右各12ブロックのLEDを個別に自動点灯・消灯して、面倒な操作なしに夜でも昼間のように前方を見やすい状況をつくり出すシステムです。

  • ブラインド・スポット・モニタリング

    約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラー鏡面のインジケーターが点灯しドライバーに通知。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促す。こちらはもう殆どの車に装備されてきている安全システムです。

  • ドライバー・アテンション・アラート

    エンジン始動後、車速が65km/hを超えると作動し、疲れていない状態でのドライバーの運転とクルマの動きを学習。その後、学習したデータと実際の運転状況に大きな違いが出ると、ドライバーに休憩を促すシステム。

  • レーンキープ・アシスト・システム&車線逸脱警報システム

    車線逸脱を防ぐためにステアリングをアシストする「逸脱回避支援(遅い)」もしくは、車線の中央やカーブに沿って走るようアシストする「ライントレース(早い)」のどちらかを選ぶドライバーアシスト機能

  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]

    こちらはおなじみの全ての速度域で稼働するACCシステム。

  •  アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート

    前方の歩行者や先行車をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポート。これも嬉しい、緊急時の機能です。

試乗レビュー

こちらの試乗レビューでもジャーナリストから好評価を得ています。はやりのきなみ、国産のレベルを超えたというのが定評になっているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今大人気のMazda CX-8ですが、是非テストドライブする価値はあると思います。気になった人はマツダの公式ページへ!

外車.COMでも引き続き情報をアップデートしていきます!



外車.COM おすすめ記事