Honda ホンダの2019年EVコンセプトカー「アーバンEVコンセプト」


みなさん、こんにちは。

現在開かれているIAAフランクフルトモーターショーで様々な車が発表・発売されています、また各社EV電動化にかなり舵を切っているイメージです。我が国では日産のリーフが先日新しいモデルチェンジの新型を出し、航続距離も長くなり、デザインも改善され良いモデルになっており、期待されています。

他の日本メーカーは電動化という部分では遅れているのが、現状ですが、ホンダも電動化ということでコンセプトカーを発表しましたが・・・

本田技研工業は9月12日、欧州で2019年発売予定の量産EV(電気自動車)の方向性を示したコンセプトカー「アーバンEVコンセプト」をフランクフルトモーターショーで世界初公開した。

ちょっとブランドが迷っている感、満載のモデルです。本当にこんなモデルが出てきて販売できるのでしょうか??あまりにも見逃すには惜しい奇抜ばモデルでしたので、すこしまとめてみます。

今回発表された「アーバンEVコンセプト」がこちら。

ホンダの社長 八郷隆弘氏は「これは遠い未来のビジョンではない。このクルマの生産モデルは2019年にヨーロッパにここに登場するだろう」とコメントしていますが・・・・もうすでにリーフやテスラが実用的な電気自動車を出している中で、今更アーバンコンセプトで、、このデザインとコンセプトはあまりにプアーではないかと思います。

これまで技術と革新のホンダブランドでしたが、昨今の低迷を考慮するとこういうところにもそれが現れているのではないかと思います。

ひと昔前のフォルクスワーゲンのゴルフをすこし漫画チックにした感じ??

あらに車両の前面部では充電の状況やドライブへの助言もするそう!です・・・・まったく必要ないのではないかと思いますが・・

インテリアはこんな感じですが、10年前の各社自動車メーカーが語っていた、将来のEVコンセプトカーとなんら変わっていないですね。残念。

発表会での実写はこちら。

まとめ

日本の名車を生み出したホンダ、ぜひEVの分野においても世界を牽引していくブランドになって欲しいことを期待して、このブログをあえて書きました。ぜひ頑張ってください!

 

 

外車.COM おすすめ記事