ランボルギーニ新型SUV「ウルス」Urus が発表!


みなさん、こんにちは。イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニ Lamborghini からスーパーSUVの「ウルス」Urusが発売となりました!これまでマセラッティもレバンテなど、どの高級車メーカーもSUVを出していますが、とうとうこのスーパーカーメーカーもSUVを出しましたね。正直カッコ良いので、どんなモデルになっているか早速チェックしてみましょう!

ランボルギーニの発表内容

イタリアのスポーツメーカーランボルギーニは12月4日、スーパーSUVと位置付ける新型モデル「ウルス」を世界初公開。新型ウルスの発売は2018年春で、日本での価格は2574万円(税別)となる模様。税込で2779万、普通の住宅ローンみたいです。

ランボルギーニのデザイン、ウルスは全体の3分の2がボディ、3分の1がウィンドウという同社のスーパースポーツカーの黄金比率を採用したようです。これまで、ピュアなスポーツカーのみ扱っていたため、2名乗車が基本でしたが、今回は5名乗車が可能なSUV。

エクステリアではランボルギーニの特徴のライン、そして、エアインテークにはY字型のグリルが配してあります。また、カウンタックから受け継いだ六角形のホイールアーチ、Y字のリアランプなどが特徴となります。

それではそのデザインがこちら。

これはとてもかっこいいですね。はやり、フォルクスワーゲングループになってからドイツのミニマルなデザインがよく反映されています。AudiのTTをよりパワーアップさせた様相でもあります。

ウルスの性能・パフォーマンスは?

パワートレーンはブランド初のターボエンジンを採用。最高出力478kW(650HP)/6000rpm、最大トルク850Nm/2250-4500rpmを発生するV型8気筒4.0リッターツインスクロールターボに8速ATの組み合わせです、もちろん、SUVなので駆動方式は4WD。

最高速は305km/h、0-100km/h加速は3.6秒のようです。これは早いですね・・

インテリアは?

ぱっとみのインテリアは非常によいです、もちろんナビやインフォテイメントはデジタルでVWグループのテクオロジーを踏襲し、それでいて、全体のメカニックなセンターコンソールは男心をくすぐるインテリアです。

ちなみに、ランオルギーニでは「Tamburo ドライブモード・セレクター」とよばれるセレクターが配置され、路面状態やドライバーの好みに応じて「STRADA」「SPORT」「CORSA」に加えて「NEVE」モードから状況にあわせて設定を変更できるようになります。ちなみにNEVEは雪のモード。

オプションでTERRA(オフロード)とSABBIA(砂漠)という2つのオフロードモードが選択できるようになっていますが、はやりこのクラスの車を買う人にはアラブの富豪も含まれていますので、この砂漠モード笑も納得がいきます。

まとめ

スーパーSUVのウルス。日本発売は来年2018年の春とのこと。いちはやく日本の公道でもこの車が走っているところを見て見たいですね。もちろん、買う気がある方は下記、オフィシャルページで随時、最新情報を入手するとともに、実際に販売店に行って予約するのが一番早い方法でしょう!

ランボルギーニ「ウルス」の公式ページはこちらから!

外車.COM おすすめ記事