2018年 トヨタ 上半期国内販売状況と今後の新型車情報





先日、自販連(日本自動車販売協会連合会)より1-7月の国内メーカーの新車登録台数の確定台数が発表になりました。これまで国内ブランドのトヨタ、日産、ホンダ等についてまとめてきましたが、今回はトヨタブランドのモデルと今後新型車情報について紹介します。国内の販売状況を参考にぜひお気に入りの一台を見つけてみてください。

2018年上半期 (1-7月) の国内メーカー登録台数

日本市場の公式販売登録データー統計である自販連の2018年上半期の販売台数データを元に、メーカー別販売台数の比較・検索表を作成しました。国内状況は引き続き12万台を誇るトヨタが首位を走っています。

ブランド•普通自動車 登録台数小型車(軽)登録台数ブランド登録台数合計2018”年合計2017”年合計18年vs. 17年
ƒダイハツ183,1133,13118,76314,041134%
ホンダ12,03218,69730,729229,824232,48299%
レクサス3,68103,68136,59324,836147%
マツダ7,5073,41310,920100,723104,57496%
三菱2,6017733,37428,71422,350128%
日産14,13915,41629,555229,886281,15882%
スバル9,92623610,16270,59189,70479%
ƒスズキ
1,5679,62411,19179,49769,304115%
トヨタ55,29565,220120,515778,932958,63481%
その他20,6441,16621,810173,374172,646100%

参考資料:自販連(日本自動車販売協会連合会) データ 調査目的:2018年上半期 国内メーカー車登録台数分析 調査方法:自販連統計 データ参照 調査期間:2018年 1月-7月、登録実績台数、対象メーカー:国内自動車メーカー10社、調査実施:外車.COM(グラフ作成、まとめ)

国内自動車メーカーのモデル販売状況:

メーカー別の販売台数では2018年もトップでトヨタ自動車が登録台数をあげており、それに続いて日産、ホンダが並びます。そして広島のメーカー、マツダ、スバルと順位が続きます。トヨタからは2018年年末にはプリウス、アクア、ラッシュがモデルチェンジを行い新型車の販売も多く予定されています。以下が2018年下半期に発売されるモデルの一覧です。

2018年 下半期 トヨタ新型モデルの発表・発売

モデルモデルチェンジ発売時期モデルタイプエンジン
タイプ
エントリープライス
クラウンフルモデルチェンジ6月セダンハイブリッド460万〜
カローラ
ハッチバック
フルモデルチェンジ6月ハッチバックハイブリッド220万〜
センチュリーフルモデルチェンジ6月セダンガソリン1800万〜
シエンタマイナーチェンジ7月ワンボックスハイブリッド150万〜
カローラ
アクシオ
フルモデルチェンジ7月セダン
ガソリン160万〜
スープラフルモデルチェンジ11月スポーツガソリン700万〜
プリウスマイナーチェンジ12月セダンハイブリッド260万〜
アクアフルモデルチェンジ12月コンパクトハイブリッド180万〜
ラッシュフルモデルチェンジ12月コンパクトSUVハイブリッド180万〜
カローラ
フィールダー
フルモデルチェンジ7月ワゴンガソリン160万〜

*参照資料:海外自動車サイト(https://www.roadandtrack.com/等)データ  調査目的:2018年下半期 トヨタ車新型モデル調査 調査期間:2018年 1月-7月、調査実施:外車.COM(グラフ・リスト作成)

以上のようにトヨタからは2018年の後半も多くの新型モデルが発売されています。それでは以下にトヨタを代表するモデルと新型車についてまとめます。トヨタ自動車への乗り換えを検討している方がいましら、ぜひ車選びの参考にしてみてくださいね。



新型クラウン Crown

まず初めは、セダンの復権と言われて注目を浴びたクラウンです。トヨタ 新型 クラウン フルモデルチェンジ (アスリート・マジェスタ・ロイヤル) は15代目で PHV採用し TNGAプラットフォームを搭載した新型セダンモデルです。 2018年6月25日発売開始。昨年行われた、第45回東京モーターショー2017で「CROWN Concept」初公開、ほとんど量産モデルの形で発表となりました。主な変更内容は以下。

・TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発の「GL-Nプラットフォーム」を採用
・新しい直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engineを搭載
・第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載
・クルマの機能を拡張するコネクティッド

新型クラウンはスポーツセダンとして走行性能の強化が注目されています。TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)をトヨタ車のFRとしては初採用するクラウン。これにより、国内ブランドのトヨタですが、欧州ライバルのBMWやメルセデスとも引けを取らないモデルとして発売されています。

また、新時代の装備として、「クルマの機能を拡張するコネクティッド」と革新を続ける初代コネクティッドカーと打ち出しされたモデルです。遠隔で走行アドバイスや車両診断が受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」をはじめとしたコネクティッド機能を搭載した車載通信機DCMを標準装備しています。現在のモデルラインナップは以下となっています。

ガソリンモデル 排気量 燃料 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
1998cc ガソリン 8AT FR 5名 12.8km/l 4,606,200円
1998cc ガソリン 8AT FR 5名 12.8km/l 4,746,600円
RS 1998cc ガソリン 8AT FR 5名 12.8km/l 5,184,000円
1998cc ガソリン 8AT FR 5名 12.8km/l 5,416,200円
ハイブリッドモデル 排気量 燃料 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2487cc ハイブリッド CVT FR 5名 24.0km/l 4,978,800円
RS 2487cc ハイブリッド CVT FR 5名 23.4km/l 5,416,200円
2487cc ハイブリッド CVT FR 5名 24.0km/l 5,621,400円
3456cc ハイブリッド CVT FR 5名 18.0km/l 6,237,000円

最大のライバル車は日産フーガ

現在国内メーカーでこのような大型セダンを販売しているのは日産、ホンダしかありませんが、特に日産フーガについてはターゲット層が新型クラウンと被っています。日産フーガとは日産のフラッグシップセダンで、高級スポーティセダンという、セダンの本質的な魅力である「走・美・快」の最高峰を追求した2代目となるモデル。エンジンは3.7L V型6気筒DOHCエンジンと2.5L V型6気筒DOHCエンジンを採用しており、4WDのラインナップもあります。モデル自体は2004年に40年以上の歴史を持つ日産セダンのセドリッグ・グロリアの後継車として、初代フーガが発売されました。現在のラインナップには全てマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATトランスミッションが設定されており、モデルグレードではベーシックなGTシリーズと本革シートなどオプション装備を搭載したアッパーモデル「VIP」のふたつを揃えています。

以下がクラウンとフーガのスペックの比較となります、ぜひこのセグメントのスポーツセダンを検討の方は上記のモデル概要や比較を元に、自分にあった車選びをしてください。

トヨタ クラウン 2.0L 日産フーガ 2.5L トヨタクラウン 2.5L 日産フーガ 3.7L
排気量 1998cc 2495cc 2487cc 3696cc
燃費 12.8km/l 11.2km/l 24.0km/l 9.4km/l
エントリー価格 4,606,200円 4,193,640円 4,978,800円 4,733,640円
駆動方式 FR FR FR FR
燃料 ガソリン ガソリン ハイブリッド ハイブリッド

トヨタ新型クラウンの最新情報はこちら
日産フーガの最新情報はこちら

新型カローラ ハッチバッグ / スポーツ

2018年3月6日~3月18日に開催されたジュネーブモーターショー2018で新型オーリス フルモデルチェンジモデルを世界初公開。今回2018年3月28日〜4月8日に開催されたニューヨーク国際オートショー2018で新型カローラハッチバックで初公開されたモデルです。



カローラスポーツとは「コネクティッド」と「クルマ本来の楽しさ」を融合した初代コネクティッドカーとして発進する12代目カローラシリーズの先駆けとなるモデル。ラインアップは、1.8Lエンジン+ハイブリッドシステムを搭載した「ハイブリッド」1.2L直噴ターボエンジンを搭載したガソリンモデルを設定。ハイブリッド車は2WDのみ、ガソリン車は2WDと4WDがラインナップされています。ハイブリッドモデルでは低燃費34.2kmLをJC08モード走行燃費で達成し、非常に燃費効率のよい車となりました。エクステリアは、TNGAプラットフォームの採用により、低重心でワイドなワイド&ローのスタイルとなっています。
日本ではこのオーリス( Auris)の名前はそこまで知名度は高くなく、カローラの方がネーミングとしては有名です。そもそも「オーリス / Auris」は欧州専用のネーミングで、日本と米国向けでは新型カローラハッチバック・スポーツとして販売されます。欧州のVW GolfやAudi A3、プジョー208などと直接競合するセグメントの車でもあります。最新のプロダクトラインナップは以下となります。

グレード名 排気量 シフト 駆動方式 燃費 価格
G X / G 1196cc CVT FF 19.6km/l 2,138,400円 / 2,257,200円
G Z 1196cc CVT FF 18.0km/l 2,419,200円
ハイブリッドG X / G 1797cc CVT FF 34.2km/l 2,419,200円 / 2,527,200円
ハイブリッドG Z 1797cc CVT FF 30.0km/l 2,689,200円

トヨタ新型 カローラスポーツの最新情報はこちら

新型 シエンタ

独特のデザインで人気のトヨタ新型シエンタがマイナーチェンジを行いました。コンパクトな5ナンバーサイズに7人乗り、両側スライドドアを持つミニバンでいろいろなユーザー層に「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」を提供するミニバンです。今回の2018年8月お変更は約3年でのフェイスリフト。主要な変更点は、フロントグリル等のデザイン変更を行い、Fun&Activeな外観デザインを進化、そして従来の3列シート車(6人または7人乗り)に加えて、アウトドアや車中泊に最適な、2列シート車(5人乗り)「ファンベース」が新しいオプションとして登場しました。

自販連の登録台数統計では2017年4月から2018年3月まで約90,000台数を売り上げるシエンタ。日本国内でもプリウス、アクア、ヴォクシー、CH-Rに続く量販モデルです。今回のマイナーチェンジで安全装備では、アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が新しく設定され、歩行者検知機能を追加した、Toyota Safety Senseも向上しています。現在のシエンタのモデルラインナップは以下のようになっています。

トヨタ ラッシュ 排気量 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ファンベースX / X 1496cc CVT FF 5名 / 7名 20.2km/l 1,776,600円 /1,816,560円
ファンベースG / G 1496cc CVT FF 5名 / 7名 20.2km/l 1,980,720円 /2,020,680円
ハイブリッド ファンベースX / ハイブリッドX 1496cc CVT FF 5名 / 7名 28.8km/l 2,187,000円 /2,226,960円
ハイブリッド ファンベースG ハイブリッドG 1496cc CVT FF 5名 / 7名 28.8km/l 2,340,360円 /2,380,320円

トヨタ新型シエンタの最新情報はこちら

新型 プリウス α (アルファ)

続いてはトヨタの人気車種プリウスの派生プリウスαです。上記の表にあるように、プリウスαの新型、フルモデルチェンジも18年11月以降に予定されていますので、こちらも紹介します。新しいフルモデルチェンジは今そのワゴンプロポーションであったプリウスαがよりSUV的なスタイルになり、居住空間を増やし、人気のクロスオーバーSUVのセグメントにも入ってくるということです。

プリウスαとは

プリウスの特長である低燃費や環境性能を引き継いだプリウスα。燃費の効率を求めただけではなく、特徴は5名乗車の2列シート車と7名乗車の3列シート車の2タイプを用意していること。現行モデルのラインアップでは、UVカット機能付高遮音ガラスを装備した「S」「S Lセレクション」「S ツーリングセレクション」本革巻きステアリングを標準装備した「G」「G ツーリングセレクション」と幅広く設定しています。最新のモデルチェンジは2017年の12月での改良となります。

新型プリウスαの特徴

ネットではすでにいくつかのスクープ映像が出ていますが、これまでのワゴンのプロポーションから、ハイブリッドカーのSUV/ミニバンスタイルになる事です。特に現在国内市場ではクロスオーバーSUVとミニバンが人気です。まさしく、その合間にまたがるお客様層を狙っています。また、トヨタは近い時期に、ベースモデルのプリウスの改良も予定しています。

新型プリウスα 変更点

まずは、新世代プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を採用し、走りや動力性能全体を向上。そして、熱効率をあげた最新のハイブリッドパワートレインにより燃費を向上します。コアのユーザー層を考えるとファミリーで安全装備の充実は必須です。そのため、「Toyota Safety Sense P」も採用します。さらに一番重要な室内空間については、3列シート、7人乗りを装備する予定です。ボディサイズは拡大され、さらに居住性がアップすることになります。

賛否両論のデザインながらも人気を維持する現行型プリウス。今回のプリウスαのフルモデルチェンジはプリウスPHEVに近いデザインでかつSUVの要素も取り入れられます。もしこれから燃費の良いミニバンを検討している人には検討する際の参考にしてみてください。

新型プリウスαの最新情報はこちらから

新型ラッシュ (Rush)

そして、2018年最後にデビューが予定している、新型ラッシュです。トヨタは新型ラッシュのフルモデルチェンジを行い、後継モデルを2018年12月に発売予定です。ラッシュの後継モデルはダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、 トヨタに対して供給するOEM車です。ダイハツ名は「ビーゴ」、このサイズのコンパクトSUVは取り回しがよく、人気の車です。現在人気のCH-Rの下のクラスとして位置づけられるポジショニングです。トヨタの最小普通車「パッソ」と同じく、ダイハツとの共同開発されており、バッジが異なり、他のブランドとして販売されているのが、特徴となります。パッソ/ブーン(トヨタ/ダイハツ)であったり、ビーゴ/ラッシュ”(ダイハツ/トヨタ)というネーミングとなります。

新型については昨年のインドネシアモーターショーでデビューしており、世界戦略車としてアセアン市場や、ヨーロッパ市場をマーケットに販売戦略が練られた車です。ビルトイン・ラダーフレーム式のモノコックボディに、ロック機構付きのセンターデフを備える本格的なフルタイム方式の4WDシャシーで、街乗りのコンパクトカーの域を出たコンパクトSUVです。低ミューの下り急坂でもタイヤ・ロックを防ぎながら、5km/hというターゲットスピードで車速を自動コントロールする「DAC(ダウンヒル・アシスト・コントロール)」など本格的な装備も搭載しています。

2016年に現行のラインナップは一旦廃止となっていますが、最終ラインナップは以下のようになっており、1.5リッターの使い勝手の良いエンジンと、FR/4WDの双方の駆動方式を備えたモデルとなっています。

グレード名 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
1495cc 5 4AT FR 5名 13.8km/l 1,738,286円
G / G Lパッケージ 1495cc 5 4AT FR 5名 13.8km/l 1,843,200円
1495cc 5 4AT フルタイム4WD 5名 13.2km/l 2,020,114円
G / G Lパッケージ 1495cc 5 4AT フルタイム4WD 5名 13.2km/l 2,125,029円

兄弟車のダイハツ ビーゴについて:ダイハツビーゴ(Bego)はダイハツが開発・生産を担当し、トヨタへもOEM供給するコンパクトSUVモデルで、上述のトヨタのラッシュはスズキのOEM生産となる車でした。モデル概要としては、1.5Lの直列4気筒エンジン(109馬力)を搭載し、FR(後輪駆動)と、メカニカルセンターデフロック付のフルタイム4WDシステムが選べ、こちらも小型でありながら非常に本格的な走行性能を誇っていましたが、2016年には販売を終了しており、トヨタ ラッシュと同様に新型が期待されます。

まとめ

今回は2018年上半期の国内メーカーの売上販売台数を元に、トヨタ自動車の販売状況と代表的な車をまとめました。日本の道路・環境事情に合わせた人気コンパクトセグメント、使い勝手の良さで支持者の多いSUVセグメントを多くラインナップすトヨタ自動車、今年車を買い替え予定の方は是非上の自動車マーケット分析や新モデルの情報を元に自分だけの一台を見つけてください。