2018 ハイブリッド 電気自動車 国内販売状況と今後の新型車情報





自販連(日本自動車販売協会連合会)より国内メーカーの新車登録台数、4-9月実績が10月になり発表になりました。今回はハイブリッドやEVモデルと新型車情報について紹介します。国内の販売状況やモデル比較を参考にぜひお気に入りの一台を見つけてみてください。

2018年 4-9月の国内ブランド登録台数

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した輸入車販売台数データ統計を元にハイブリッド・EVの販売台数、燃費、価格等の比較、検索、ソートができるようにまとめてみました。

車種名メーカー名パワートレイン2018年4-9月
新車販売台数
前年対比エントリー
価格
燃費
ノート日産e-Power63,30392.5%1,421,280円23.4km/l
アクアトヨタHybrid62,22099.5%1,785,240円38.0km/l
プリウストヨタHybrid / PHEV54,38869.1%2,607,120円37.2km/l
セレナ日産e-Power47,472126.6%2,440,800円15.0km/l
ヴィッツトヨタHybrid46,213105%1,181,520円21.6km/l
シエンタトヨタHybrid38,65290.2%1,776,600円20.2km/l
C-HR       トヨタHybrid36,34459.9%2,290,000円16.4km/l
ヴェゼルホンダHybrid28,37788.3%1,965,000円21.2km/l
クラウントヨタガソリン/Hybrid25,320184.3%4,978,800円円24.0 km/l (Hybrid)
リーフ日産EV11,017252.4%3,150,360円400km (EV)
アウトランダー三菱ガソリン/PHEV3,892106.8%4,182,840円18.6km/l (PHEV)

参考資料:自販連(日本自動車販売協会連合会) データ調査目的:2018年 国内メーカー、登録台数分析 調査方法:自販連統計 データ参照 調査期間:2018年 4月- 9月、登録実績台数・対象メーカー:国内自動車メーカー10社 調査実施:外車.COM(グラフ作成、まとめ)

ハイブリッド EV モデルのスペック比較

それでは、ハイブリッド・EV代表モデルの主要スペック比較を以下に行います。それぞれ個性の違うモデルですので、販売台数や各モデルの特徴も合わせ自分にあった一台を見つけてみてください。比較の後にはそれぞれのモデルを詳しく見ていきます。

「トヨタ logo」の画像検索結果 「トヨタ logo」の画像検索結果 「日産 logo」の画像検索結果 「三菱 logo」の画像検索結果 「トヨタ logo」の画像検索結果
トヨタ トヨタ 日産 三菱 トヨタ
プリウス Hybrid プリウス PHEV リーフ EV アウトランダー PHEV クラウン Hybrid
全長 mm 4540 4645 4480 4695 4910
全幅 mm 1760 1760 1790 1800 1800
全高 mm 1475 1470 1540 1710 1455
排気量 1797cc 1797cc 0cc 2359cc 2487cc
燃費 34.0km/l 37.2km/l 400km (航続距離) 18.6km/l 24.0km/l
駆動方式 FF/4WD FF FF フルタイム4WD FR/4WD
燃料 ハイブリッド Plug in ハイブリッド 電気 ハイブリッド ハイブリッド
エントリー
販売価格
2,971,963円  3,261,600円  3,150,360円 4,182,840円 4,978,800円




トヨタ プリウス

国内販売台数で3位につけるトヨタのプリウスです。プリウスとは1997年世界初の量産ハイブリッドセダンとしてデビューしました。初代はセダン型でしたが、2代目からはは約140kg軽量化した3ナンバーワイドボディ、そしてエアロダイナミックフォルム(空力特性CD値0.26)とラゲージスペースのユーティリティを考慮したハッチバックゲートを持つ5ドアとなり、2003年から2011年まで発売されました。3代目プリウスは、標準の走行モードに加え、シーンにあわせて選べる3つのドライブモード「エコドライブモード」「パワーモード」モーターのみで静かな走行を実現する「EVドライブモード」を実現し、燃費だけではなく走りも注力したモデルとなり、2015年まで販売されます。現行のプリウスは4代目となり、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー (TNGA) を採用した最初のモデルとなりました。それまでに使われていたバッテリーはニッケル水素電池のみでしたが、新型ではリチウムイオン電池も採用され始めました。またE-fourと呼ばれる4WDの駆動系も設定されています。今回の新しいプラットフォームの採用で、モーター、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーなど、システム全体で軽量化を行っています。エントリーグレードのEでは、JC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現したモデルです。

現行モデルのラインアップとしては、1.8L 水冷直列4気筒エンジンに72馬力のフロントモーター、7.2馬力のリヤモーター(E‐Fourの場合)を搭載しています。トリムラインは低燃費を追求したエントリークラスの「E」装備を充実した「S」トヨタセーフティーセンスPなど、各種安全装備を搭載した「A」さらにそこから装備を充実した「Aプレミアム」という設定となっています。インフォテイメントについては、11.6インチのT‐Connect SDナビゲーションシステムを採用し、T‐Connect DCMパッケージを選択することで、ナビが常にネットに繋がるモデルとなります。

プリウス ラインアップ 排気量 シフト 駆動方式 燃費 価格
1797cc CVT FF 40.8km/l 2,429,018円
S / Sツーリングセレクション 1797cc CVT FF 37.2km/l 2,479,091円 2,628,327円
A / Aツーリングセレクション 1797cc CVT FF 37.2km/l 2,777,563円 2,926,800円
Aプレミアム /Aプレミアム ツーリングセレクション 1797cc CVT FF 37.2km/l 3,107,455円 3,199,745円

プリウスについては2018年11月にマイナーモデルチェンジによるフェイスリフトが予定されています。米国トヨタはプリウスの2019年モデルをLAオートショー(ロサンゼルスモーターショー)で公開すると発表しており、この変更でフロントデザインも刷新されます。デザインについてはフロント・リアの変更が行われ、ヘッドライトはプリウスPHEVのような3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)へアップグレード、これまで一部の上級グレードだけの設定であった、次世代Toyota Safety Senseも標準搭載されます。

トヨタ プリウス PHEV

プリウスにはハイブリッドモデルだけではなく、プリウスの特長である環境性能を大幅に進化させ、電力部分を充電できるプラグインハイブリッドのプリウス PHEVがラインナップされています。電気自動車特有の瞬時に発揮されるトルクでスムーズな走りを実現しています。1.8リッターエンジンをベースに、大容量リチウムイオン電池を搭載して、EV走行距離を68.2kmまで拡張、EV走行最高速度も135km/hとして、通常のプリウスとは異なり、電気のみで走行できるモデルです。電池容量がなくなっても通常のハイブリッドとして作動し、37.2km/Lの低燃費を実現しています。ラインアップはプリウスの通常モデルと同じ体系となっています。

トヨタプリウスの最新情報はこちら
トヨタ プリウス PHVの最新情報はこちら

日産リーフ

続いては電気自動車のパイオニア、日産リーフです。昨年の10月から新型の2代目になり、これまで指摘されていた航続距離や走りを改善した最先端のEVとなります。100%電気自動車であるため、走行中にCO2を全く排出しないゼロ・エミッションです。また、電動パワートレインならではのモーターによるパワフルな加速、そしてバッテリーが車体の底部に敷き詰められていることから、低重心を活かした安定したハンドリングや走行性能を実現しています。航続距離については、日本での通常の走行であれば十分賄える400km。さらに、回生バッテリーを逆手にとった、ドライバーの運転時のペダルの踏み替えを無くし、運転時の負担を軽減するe-Pedal(イーペダル)を設定しています。またプロパイロットやオートパーキングなど、自動運転アシスト・補助機能も多く搭載、Apple CarPlayを搭載するなどコネクテッド技術も進化しています。電動パワートレインのみならず、多くの最新技術を搭載したモデルとなっています。デザインについても最新の日産デザイン言語である、Vモーショングリルの採用し、ワイド&ローのプロポーションを確保しています。

ドア数 シフト 駆動方式 定員 航続距離 価格
5 CVT FF 5名 400km (JC08) 3,150,360円
5 CVT FF 5名 400km (JC08) 3,513,240円
5 CVT FF 5名 400km (JC08) 3,990,600円
日産リーフの最新情報はこちらから

三菱アウトランダー PHEV

続いてはSUVで唯一プラグインハイブリッドを搭載する三菱アウトランダーPHEV。名前の由来は「遠く未知なる地へ向かう冒険者」の意味。プラグインハイブリッドとは、ハイブリッド車の電池部分を充電可能にしたバージョンの車の事で、ハイブリッド車が充電できず、電力で走ることができる距離が非常に限られているのに対して、プラグインハイブリッドでは充電をすることで、より長く電力で走れるようになっています。最近ではポルシェやメルセデスベンツの一部モデルもこのシステムを採用しており、国産メーカーでは三菱アウトランダーのPHEVや、プリウスPHEV等が代表モデルです。三菱のアウトランダーについては、三菱が「i‐MiEV」で培ったEV技術や「パジェロ」で培ったSUVの技術を集約した、画期的なPHEVモデルであり、SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車となります。最新のモデルではこれまでのエンジン排気量を2.0Lから2.4Lに拡大し、駆動用バッテリー容量を12.0kWhから13.8kWhに大容量化し、出力もアップ。リヤモーター出力も約12%アップ、ジェネレーター出力も約10%アップしEV走行の航続距離が60.8kmから65.0kmまで拡大しています。65kmということは日々の買い物程度の乗りこなしであれば、十分電気走行内で収まる範囲となります。アウトランダーPHEVのラインアップは、ベーシックな「G」から7インチのディスプレイを標準装備した「Gプラスパッケージ」となっています。

排気量 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2359cc CVT フルタイム4WD 5名 18.6km/l 4,182,840円
Gプラスパッケージ 2359cc CVT フルタイム4WD 5名 18.6km/l 4,479,840円
Gプレミアムパッケージ 2359cc CVT フルタイム4WD 5名 18.6km/l 4,793,040円
Sエディション 2359cc CVT フルタイム4WD 5名 18.6km/l 5,090,040円
三菱アウトランダー PHEVの最新情報はこちらから

トヨタ クラウンハイブリッド

トヨタはプリウスだけではなく、新型クラウンにもハイブリッド技術を惜しみなく投入しています。昨年新しくコネクティッドカーとしてデビューし、デザイン、走り、安全性能の進化を最大限追求した新型セダンがこの15代目クラウンとなります。遠隔で走行アドバイスや車両診断が受けられるeケアサービスなど、オンラインサービスを可能にする、車載通信機DCMを全車に標準搭載しているモデルです。

パワートレインに関しては2.0Lターボエンジンは先代のクラウンアスリートに採用されていたユニットの改良型を採用。2タイプ用意されるハイブリッドはいずれもクラウンでは新導入のシステムで、3.5LハイブリッドはマルチステージTHS IIと呼ばれ、レクサスLSやLCと共通のシステムです、2.5Lハイブリッドエンジンは、カムリに搭載されているパワートレーンの縦置FR仕様が搭載されています。新型モデルとしては以下のような新技術が搭載されています。

・TNGA(Toyota New Global Architecture)新開発の「GL-Nプラットフォーム」を採用
・新しい直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン搭載 Dynamic Force Engineを搭載
・第2世代の次世代 Toyota Safety Sense 全車標準搭載
・クルマの機能を拡張するコネクティッド機能

ラインナップに関しては2.5L ハイブリッド車の2WDに「S」「RS」「RS」「G」がベースとなっており、パワートレーンの詳細については2.5LハイブリッドにはTNGAエンジン 2.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載したハイブリッドシステムを採用し、3.5Lのモデルにはマルチステージハイブリッドシステムをトヨタブランドでは初採用しています。今回新型になり、TNGAのプラットフォームを採用することで、エクステリアはロングノーズのFRらしいプロポーションとと伸びやかなサイドラインを実現。もちろん、走りの強化だけではなく、第2世代のアクティブセーフティー技術である「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しています。

ハイブリッドモデル 排気量 燃料 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2487cc ハイブリッド CVT FR 5名 24.0km/l 4,978,800円
RS 2487cc ハイブリッド CVT FR 5名 23.4km/l 5,416,200円
2487cc ハイブリッド CVT FR 5名 24.0km/l 5,621,400円
3456cc ハイブリッド CVT FR 5名 18.0km/l 6,237,000円
トヨタ クラウン ハイブリッドの最新情報

まとめ

日本でも引き続き人気のハイブリッドセグメント。日本の道路・環境事情に合わせ、燃費や走行性能を高めたたモデルも多く、選択の幅も多いです。今回は国内モデルの販売状況のまとめとハイブリッド・EVの車種について紹介しました。エコカーを買い替え予定の方は是非上のマーケット分析やモデル比較を元に自分だけの一台を見つけてくださいね。