オートサロン2018にいってみた!


みなさん、こんにちは。

以前通常のページで紹介した日本のチューンナップ・レース系カーの祭典「オートサロン2018」にいってみました。大会の概要や出展メーカーのみどころなど詳しくは下記ブログに記載していますが、今回は実際の初日の模様をレポートしたいと思います。

オートサロン2018とは?みどころは?

初日だがかなり混んでる!

こちらが本日の模様です。すでにメディアの人は帰ったあとかと思いますが、チューンナップカーなどが好きな人でごった替えしています。場所は幕張メッセ。都心からは少し遠いですね。さらに、駐車場が大混雑。

実際の会場内はこんな感じです。東京モーターショーなどい比べて、チューンナップ系ですので、やんちゃな感じの人が多し。。

SUBARUスバルは東京モーターショーでコンセプトデビューさせたVIZIVのスポーティーバージョンを。

HONDAホンダもレース系を中心にトークショーなどもおこなっていました。

ちなみに、横浜タイヤでは近藤真彦さんがトークショーを繰り広げていました。

日産は先日発表したNISMO/AUTECHブランドの展示。

輸入車で唯一参戦したメルセデスベンツもスポーティーかつレーシーなモデルを揃えていました。下記はGood smile racingの車両展示。

トヨタも昨年発表になったGAZOO RACINGのブランドをメインに押し出した展示です。

あまりスポーツモデルがないスズキは逆に、カスタム系の車を多く展示。先日発売になったばかりのXBEEなども。

気になった方はぜひ現地まで!

実はオートサロンは車の展示だけではなく、いろいろなアーチストのライブなどもあり、ともても面白いショーになっています。会期は本日1/12から1/14の日曜まで。チケットは3500円と少し高めではありますが、楽しめること間違いなしです!



外車.COM おすすめ記事