Volvo ボルボ新型 XC40が3月に発売!!




みなさん、こんにちは!

最近人気のボルボからXC40が新たに3月に発売になると情報が入ってきましたので、紹介します!最近はデザインと北欧テイストで一気に人気が出ているボルボ。どのような車になっているのでしょうか?

発表内容は?

ボルボ・カー・ジャパンは1月26日、新型「XC40」を3月に発売すると発表するとともに、300台限定となる「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」の受注を開始。最初のファーストエディション価格は559万円とすこしお高めですが、通常のモデルからは300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインアップを拡充する予定のようです。

エクステリアは

北欧テイストはいたるところに感じられ、とてもミニマルでかっこよい外観です。日本のサイズにもぴったりでしょう。

この新らしいXC40は、新開発の小型車向けプラットフォームCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を採用するボルボのコンパクトSUV。今回の1st Editionでは最高出力185kW(252PS)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発生する直列4気筒2.0リッターターボエンジンに8速ATを組み合わせる模様です。

エクステリアでは、上級モデルの「XC90」「XC60」などで採用する北欧神話の「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字型ヘッドライトなどは継続されていますね、ボルボと一目でわかるアイコンです。

インテリアは

インテリアは最近ボルボの専売特許になっているように、綺麗に仕上がっており、特に女性などには人気が高いです。

ナビ周りについては、ボルボはかなりユニークな作りになっています。ドイツ系のブランドが水平基調を目指すコクピットですが、ボルボはどちらかというと縦型。それも斬新で良いと思います。

安全性能は?

もちろん、安全のボルボですから、安全装備も充実しており、「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」とともに「オートブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」が新たに加わり、16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備するとなっています。

まとめ

いかがででしたでしょうか?最近人気のボルボの小型クロスオーバーSUV、日本でも人気が出ること間違いなさそうです!

外車.COM おすすめ記事