アストンマーチン SUV 新型 DBXの最新情報




みなさん、こんにちは!

最近人気のイギリスの高級車メーカー、アストンマーチンもとうとうSUVを発表するようです!最近、非常に盛り上がりを見せているSUV高級試乗車マーケット、どのような車になっているのか、みてみましょう!

発表内容は?

アストンマーチンは、新型SUV「DBX」を2019年10月頃に日本発売。2019年の生産開始を予定しているので、日本導入は2020年くらいになるかもしれません。アストンマーチン初のSUVとなるDBXは、2015年に発表された「DBXコンセプト」の市販モデルです。

ジェームス・ボンドも乗っているアストンマーチン、イギリスやヨーロッパの富裕層の中ではすごく人気で都会的なSUVです。もともと、アストンマーティンは2017年4月24日東京都内で記者会見を行い、今後の日本においての経営戦略についてプレゼンテーションをしており、その中で、今後はラインナップを「三つの柱」に分割することを発表し、その中の一つにSUVモデルである「DBX」が含まれていることが明らかになりました。アストンマーチンのラインナップの中で「SUV」は新規のカテゴリー。

デザインは?

 

イギリス紙によると、かなり先進的なサイドミラーが使われており、カメラ技術を搭載するのかどうなるかはわかりませんが、伝統的なミラーではなくなりそうです、エクステリアに関しては、SUVといえども、アストンの伝統的なデザインを踏襲したほとんどクーペライクなモデルになっています。かっこいいですね。

インテリアもこの高級感溢れる、どこかのバーのような雰囲気です、これだとジェームス・ボンドがのってもまったく違和感なしです。

 

パワートレインは?

もともと公開されたコンセプトはなんと!電気自動車でした。ですが最初の生産はこれまで通り、ガソリンエンジンが搭載されるとみこまれています。とういうことはメルセデスのAMGから供給を受けている、V8 4.0Lのツインターボエンジンとなるでしょう。503 hp (375 kW) と695 Nmの組み合わせ、もしくはV12の5.2Lの可能性もあり、こちらh447kWと700Nmを発する強大なエンジンでもあります。

値段は!?

気になるお値段ですが・・・・£150,000-200,000 ($194,627-259,564)と予測されており、日本円で2200万から2800万程度ではと言われています。先日発売のランボルギーニのウルスが2500万ですので、高級ではありますが、このあたりにマーケットが形成されるでしょう。

まとめ

いかがででしたでしょうか?最近人気のSUV市場。ここにイギリスの最高級ブランド、アストンマーチンも参入です。日本でも人気が出ること間違いなさそうです、これからも外車.COMでウォッチしていき、最新の情報をお届けします!

外車.COM おすすめ記事