ホンダ 新型 N-VANシリーズ (バモス)フルモデルチェンジ




みんさん、こんにちは!

ホンダ 新型 N-VAN Nシリーズ フルモデルチェンジ。バモス・アクティバンの後継として 2018年7月より発売します。すこしマニアックな車ですが、フルモデルチェンジによりよりポップで人気がでるモデルになりそうですので、見ていきましょう!

発表内容:ホンダはNシリーズ第6弾となる商用車バン、新型N-VANを2018年7月に発売とのこと!
N-VANはホンダの軽自動車、バモス/アクティバンの後継車種として開発されています。
そして、すでに2018年新型N-VANのティザーサイトをオープンし情報を先行公開しています。







ホンダのNシリーズとは?

ホンダのNシリーズは現在、N-ONE、N-ONE Premium、N-WGN、N-WGNカスタム、N-BOX、N-BOXカスタム、N-BOX、N-BOXを設定。すこし分かりづらくなっている感もありますが、Nシリーズといえばホンダとして、認知されてきており、成功を収めてきます。そして今回このシリーズにバン、軽トラを商業バン、ラインナップとしてラインアップを増やすようです。これはただ単に軽トラとして取られそうなところを、Nシリーズにまとめることで、ポップなイメージもつくのでとても良い戦略だと思います。

人気の高い N-Box (カスタム)

ホンダ N VANの特徴は?

後述するように、軽トラでありながらMRのエンジンレイアウトを採用するバモス。しかし、今回から他のモデルと同じように、NシリーズとなるN-VANはFF方式を採用するとのことです!これは、昨年にデビューした、新型N-BOXがベースになるようですね。これまで、そのユニークなエンジンを車両後方の荷室の床下に配置したミッドシップリアドライブレイアウト (MR)が採用していた形をやめるようです。これは安全性をたかめ、また他のモデルと同じレイアウトにすることで、コストを削減するということもあります。今の自動車業界は安全性がもっとも重んじられており、ホンダもこの流れにのるのでしょう。

予測される装備・機能は:

  • 軽バン初の助手席側ピラーレスを採用。
  • ノーマルルーフとハイルーフモデルを設定
  • スライドシートや全シートのフラット可能
  • 安全システムの向上

このように、かなり室内空間を重視した、使い勝手のよいモデルになるようです。

まずは、リアシートに加え、助手席シートもフラットに収納できるダイブダウン機能を採用。「N」シリーズと同様低床フロアにより、大容量の荷室を実現するようです。そして、助手席側ピラーレスを採用することで、トランクだけではなく、助手席側スライドドアからの積み降ろしもより効率的になり、荷室空間の使い勝手が向上したようです、とにかくこのバンという目的にあった装備・機能を追求しているイメージです。最後に、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備。嬉しい機能が満載です。

エンジン・パワートレインは?

エンジンは新しい型式になり、燃費効率を向上させるようです。予測エンジンスペック

直3気筒DOHC 660cc i-VTECエンジン
最高出力:43kW(58PS)/7,300rpm
最大トルク:65Nm(6.6kgm)/4,800rpm
トランスミッション:CVT /MT
JC08モード燃費:27.0km/L

ホンダ バモス「バモス(VAMOS)」とは

ホンダにマニアックな人気を誇る軽自動車、広い室内空間と個性的なスタイルの軽乗用車として人気があります。リアドアは、両側スライドドアでフルオープン式ウインドー。45馬力(横置)/52馬力(縦置)の660cc直列3気筒SOHCエンジンを搭載し、2WD(後輪駆動)と4WDの2タイプの駆動方式を用意しています。4WDシステムはビスカスカップリングを用いたリアルタイム方式を採用。組み合わされるミッションは、3速/4速ATと5速MTのフロアシフト。マニュアルの設定や四駆の設定もあり、一部のマニアの間では人気があるようです。現在のラインナップは以下。

グレード名 排気量 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
656cc 5MT ミッドシップ 4名 16.8km/l 1,320,000円
656cc 3AT ミッドシップ 4名 15.0km/l 1,374,000円
656cc 5MT フルタイム4WD 4名 16.0km/l 1,449,600円
656cc 4AT フルタイム4WD 4名 14.6km/l 1,514,400円





また、バモスは軽自動車のワンボックスカーで、その車高の高さに特徴があります。バモスの寸法は、全長3395mm、全幅1475mm、高さ1775mmで室内の快適性の高さがセールスポイントとなっています。

そして、走行中の車内が静か。これを実現した理由は、エンジンを車両後方の荷室の床下に配置したミッドシップリアドライブレイアウト (MR)が採用されているためです。いまの車は一部のスポーツカーを除きほとんどの車がFF、フロントにエンジンがあります。その恩恵として他の軽ワンボックスカーですと、エンジンは前の席の床下に配置されていることが多く、そのため、後部座席に乗車している人は前の席の下に足を置くことはできませんが、バモスはエンジンの配置が後部にあるため、後部座席に座っている人も、足を前部座席の下に置けたり、そのひろい足元でくつろいだドライブが可能になります。この辺りが実はマニアに人気のあったポイントのようです。フロントシートの下にエンジンが置かれることになるので、運転席周りが狭くなることが多いのですが、ミッドシップレイアウトを採用してエンジンを後ろに積んだことによって、運転席周りも広いのも特徴です。

エンジンを車両後方の荷室の床下に配置したミッドシップリアドライブレイアウト (MR)については、荷室(荷台)の床下にエンジンを配置し、後輪を駆動しており、ホンダの作ったMRということで走行イメージが良いということもあります。これは荷物を積まない走行時でもエンジンという重量物を重心近くに配置し走行安定性を高めるためです。また後輪駆動についてはBMW /ベンツがそのようなレイアウトでスポーティーなイメージが強く、軽トラではりますが、実は、カスタムやチューンナップしている人もいたりします。

安全装備も充実

安全装備、ホンダセンシングのおさらい

今回は新型N-VANにも多くの安全装備が搭載されます。ホンダセンシングの標準搭載はユーザーには多大なメリットがあります。下記、ホンダセンシングのおさらいです。自動緊急ブレーキ、車線逸脱警報、路外逸脱抑制機能、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどを含む「Honda Sensing」先進安全システム。ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)では、前を走っている車が止まれば合わせて停車する「渋滞追従機能」も備えた最新システムです。







ホンダ・センシングの機能一覧

  • 衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
  • 路外逸脱抑制機能
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • ACC 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
  • 標識認識機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

まとめ!

いかがでしたでしょうか?これまでそのMRパッケージでカルトな人気をはくしていたバモス。これが新しくN-VANとして再登場します。予測発売時期は2017年8月。気になる方はぜひ、下記ホンダの公式ティザーサイトを訪れてみてはいかがでしょうか。外車.COMでも随時アップデートを行っていきます。

ホンダ「N-VAN」公式ティザーサイト



外車.COM おすすめ記事