超高級 SUV ロールスロイスのカリナン(Cullinan) がデビュー!





みんさん、こんにちは。

英国の超高級車ブランドのロールスロイスから、初の高級SUV「カリナン」(Cullinan)が登場することになりました。これまでスパイショット等はとられていましたが、その発表がついに5月10日現地時間で公開されるとのこと。なかなか、手の届く車ではないですが、夢があります、どのようなモデルになるかさっそく見ていきましょう。

発表内容:

ロールスロイスは初の超高級SUV新型カリナン(Rolls-Royce Cullinan)を2018年末に発売する予定です。そして、明日5月10日にそのベールを脱ぎます。これまで、ロールス・ロイスCEOのTorstenMüller-Ötvösさんは、超高級SUVを「カリナン(Rolls-Royce Cullinan)」であると事前に発表しており、そこからついに公開となりました。そのティザー画像はこちら。なかなかシルエットだけではわかりません。

本国のサイトではすでにティザームービーがテレビ番組の「National Geographic」と共同で作成したムービーと言う形で公開されておい、カモフラージュはされていますが、カリナンのほとんどの全容がわかる内容となっています。

こちらがそのムービーほとんどの車の全容はこちらでみることが可能です。




どんな車になる?

これまでロールスロイスで発売されていたファントムの要素を引き継ぐとのこと。これまで日本に展開されてたグレードは以下の通りでエンジンは6.6L V型12気筒ターボエンジン、最高出力:600hp以上でまさにモンスター級のエンジンを搭載しています。さらに価格も5500万超えです。今回のカリナンはさらにSUVチャージが乗ってきて、プラス1000万くらいにはなるのではないでしょうか。

グレード名 エンジン ドア数 シフト 駆動方式 定員 価格
ベースグレード 6749cc 4 8AT FR 5名 51,670,000円
EWB 6749cc 4 8AT FR 5名 59,950,000円

ファントムとはこんなモデルです。

ロールスロイスと言うメーカーとは?

1906年3月に設立されました。ロールス・ロイス社 (Rolls-Royce Limited) という社名で当初は航空機用エンジンや乗用自動車の製造を行うイギリスのメーカーとして成り立ちます。

1931年には同じイギリスのスポーツカーメーカーであるベントレーを買収[するなど規模を拡大し、特に乗用車製造においては高級車の代名詞となりました。しかし、1960年代には乗用車製造における技術革新の遅れや他の航空機用ジェットエンジンの損失の拡大などのために経営が悪化し、1971年ん破綻。その後はイギリス政府によって国有化されました。

1973年、国有会社となったロールス・ロイス社のうち自動車部門のみが分離され、イギリスの製造会社・ヴィッカースに譲渡。この再び民営化された自動車部門は、ロールス・ロイス・モーターズ (Rolls-Royce Motors) と命名され、ロールス・ロイス車の製造・販売を継続しました。しかし、1998年、ヴィッカーズはロールス・ロイス・モーターズの売却を計画し、フォルクスワーゲンに買い取られます。

さらに、ロールス・ロイスのブランド名やロゴタイプなどはBMWに譲渡されるということも起きてしまい、2003年1月からはロールス・ロイスの製造販売はBMWが、ベントレーの製造販売はフォルクスワーゲンが行うこととなっています。いまではベントレーはVWグループ、ロールス・ロイスはBMWが後ろ盾というイメージが強いですね。

まとめ

明日にはモデルが発表されますので、エンジンや発売時期、価格など明確になると思います!外車.COMでも引き続きアップデートを行います。

ロールス・ロイス カリナンの本国公式サイト



外車.COM おすすめ記事