アルファロメオ SUV 新型ステルヴィオ 発売





みんさん、こんにちは。

スポーテイーでイタリアの雰囲気漂うFCA傘下のアルファロメオですが、同社初となるSUVモデル 新型ステルヴィオを発売していますが、日本導入は2018年6月下旬(25日)になるようで、ますます楽しみになってきました。それではモデルについてみてみましょう!

発表内容は?

同社初となるSUVモデル、新型ステルヴィオ。コードネーム「Tipo 949 D-SUV」 Alfa Romeo Stelvio などと呼ばれて、ヨーロッパでは昨年より発売されています。今回、日本では2018年6月25日に発売を開始すると発表されました。もともと、新型ステルヴィオは、2016年11月に開催された、ロサンゼルスオートショーで世界初公開。その後のジュネーブモーターショーで販売モデルとして公開されています。その外観はこんな感じ。ジュリエッタをそのまま腰高にしたが、クロスオーバー的な雰囲気をもつスポーツSUVです。日本のFCAは6月25日発表のステルヴィオ・ファーストエディションは、限定400台の特別仕様としています。

ステルヴィオは、アルファロメオの新世代プレミアムSUV。スポーツセダン「ジュリア」から優れたハンドリング性能と操縦安定性を受け継ぎ、そこのSUVとしての卓越した俊敏性、および操縦安定性を付与したモデルです。

インテリア

<





イタリアブランドとしてこの価格のモデルにしては非常に作り込みや品質が良いように見受けられます。新型ステルヴィオはジュリア クアドリフォリオをベースに開発が進んだようです。

パワートレインは?

本国では以下のエンジンが搭載されています。

ステルヴィオ Ti 2.0L 4気筒ターボエンジン
最高出力280ps
最大トルク306lb-ft

ステルヴィオ クアドリフォリオ 2.9L V型6気筒ターボエンジン
最高出力510ps
最大トルク443lb-ft

本国のラインナップは以下。日本への展開内容は未定です。

STELVIO BUSINESS  € 45.900(約600万から)
STELVIO SUPER € 46.350(約620万円から)
STELVIO EXECUTIVE € 51.600(約670万から)

試乗レビューは?

まだ日本での発売前ですので、日本語のレビューはありませんが、以下の英国イギリスのレビューがなんとなく参考になるかもしれません。

アルファロメオ スティルヴィオは、ジュリアのSUVバージョンのようなエクステリアがこの動画からも見て取れます、高級SUVとまではいきませんが、質感が高く、ダイナミクスがあり、エモーショナルでイタリアの雰囲気を持っていると思います。コンパクトで機能的、そしてイタリア車とうイメージでしょうか。アルファロメオブランド特有の三角形型フロントグリルも配してあります。そもそも「ステルヴィオ」とはイタリアの北にある有名な山道です。ステルヴィオ峠は世界最高峰のドライビングロードとして有名で、ロードレースの聖地とも。こんな感じです。名称からわかるようにそのアジリティーと運転性能を持ったSUVといえるでしょう。

まとめ

日本のFCAによると、6月25日発表のステルヴィオ・ファーストエディションは、限定400台の特別仕様として発売されるようです。20インチの5ツインスポークアロイホイールや外装4色、内装4色のカラーバリエーション、レッド仕上げブレーキキャリパー、上質なプレミアムレザーシート、ウッドパネルなどを標準装備。

とても楽しみですので、発売を楽しみにまちましょう!

外車.COM おすすめ記事