スズキ バレーノが 一部改良し発売へ 2018年5月16日

みなさん、こんにちは。

スズキの人気機種である、バレーノが1.0Lターボエンジンを新しく搭載し、 2018年5月16日に発売となりました。価格は154万〜172万円。指定燃料もプレミアムガソリンからレギュラーガソリンへと変更になっています。バレーノはとても面白いモデルで、スズキのインドにおける子会社、マルチ・スズキ・インディアが生産し、日本では輸入車として販売されているモデルです。そのエクステリアはこんな感じです。





スズキ バレーノって?

日本ではスウィフトが有名ですが、居住性・走行性能・安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を全て集めたグローバルモデルです。生産がインドでおこなわれており、新興国から日本のような国土の狭い国に置いて、重宝されているモデルです。エレガントなスタイリングかつ、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えています。いまのラインアップは、1.0L 直噴ターボのエンジンの「XT」、1.2L 直列4気筒エンジン搭載の「XS」。トランスミッションは「XS」にCVT、「XT」には6速ATを組み合わさっており、燃費重視のXTから、走りも楽しめるXSになっています。今回の5月16日の変更では、使用燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変えました。2015年10月よりインドで販売スタートし日本の発売日は2016年3月9日から発売開始をしています。現在のラインナップは以下となります。

グレード名 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
XT 996cc 5 6AT FF 5名 19.6km/l 1,728,000
XS 1242cc 5 CVT FF 5名 24.6km/l 1,544,400
XG 1242cc 5 CVT FF 5名 24.6km/l 1,414,800
<





海外でも人気が高いモデル

いろいろな国で販売されており、グローバルモデルとして需要が高いようですね。

安全装備も充実

スズキのコンパクトカーだけあって安全装備も充実しています。

レーダーブレーキサポートII
ミリ波レーダー方式のレーダーブレーキサポートII[衝突被害軽減ブレーキ]を標準装しており、走行時、ミリ波レーダーにより前方の車両を検知し、衝突の回避または衝突時の被害軽減が可能になっています。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)
先行車との距離をミリ波レーダーで測定し、車間距離を保って加速・減速。設定した速度(約40km/h~約100km/h)をキープできます。

ESPー車両走行安定補助システム
コーナーなどでの横滑りを抑えるスタビリティコントロール、トラクションコントロール、急ブレーキ時にタイヤのロックを抑えるABSを総合的に制御する車両走行安定補助システム。突然の悪天候でのドライブも安心のようです。

エマージェンシーストップシグナル
走行中に急ブレーキをかけた場合、自動的にハザードランプを高速点滅させて後続車に急ブレーキを知らせ、注意を促すシステム。特に高速道路なのででの緊急時には助かるシステムですね。

軽量衝撃吸収ボディー TECT
衝突時の衝撃を吸収・分散する軽量衝撃吸収ボディーを実現。これにより、安全性の向上と軽量化を両立しています。

歩行者傷害軽減ボディー
歩行者との接触、衝突時にボンネットをはじめワイパー周り、バンパーなど随所に衝撃吸収構造を採用することで、歩行者への被害を軽減できます。

まとめ!

グローバルで人気のスズキコンパクト バレーノ (Baleno) 今後の日本での売れ行きも楽しみですね!



 

外車.COM おすすめ記事