パリモーターショー2018 新型モデル情報まとめ!




こんにちは!

今年もパリモーターショーでの新型の情報がぞくぞくと入ってくるようになりました。今回は2018年パリモーターショーで発表される新型車についてまとめます!まずはパリモーターショー2018についてから。

パリモーターショーとは?

パリモーターショーは1898年に初開催され、ヨーロッパでもメジャーなモーターショーとなります。そして今年は120周年という記念すべき年です。当初、パリモーターショーはシャンゼリゼ大通りに隣接したチュルリー公園で開催されていましたが、現在はポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場での開催となっています。今年のパリモーターショーは、10月4日~14日、11日間の日程で開催されます。

新型車が目白押しだ!

今年も多くのヨーロッパメーカーが新型車を出してきます。どんな車が出てくるかみてみましょう。

メルセデス・ベンツ GLE

最近日本ではメルセデスジャパンの戦略がよいのか、好調で輸入車ランキングでもVWやBMWを退けてダントツ1位のベンツです。そして人気のSUVのラインナップからGLEがあらたにフルモデルチェンジをします。







新型は7年ぶりのフルモデルチェンジとなり、世界初採用のサスペンション機構「E-アクティブ ボディコントロール」という、4輪それぞれのエアサスペンションを個別に電子制御し、これまでになりスムースな乗り心地を提供する技術が投入されます。他にもEクラスですでに名声を得ている安全技術や、渋滞進入時の減速・停止を自動化した運転支援装備、直6エンジン+モーターアシストによるパワートレインを搭載したりしています。まずはそのデザインがこちら。

写真からは小さいように見えますが、EクラスのSUV版ですからかなり車体は大きいです。新型GLEの特徴の一つに、Cd値0.29という、今回クラストップの空力性能を達成しています。これが今回の丸みを帯びたデザインに関係しています。

新型GLEのパワートレインは、直列6気筒ガソリンエンジン+48Vマイルドハイブリッドシステムを用いたモーターアシストから導入開始のようです。まずはハイエンドのモデルから投入して徐々にガソリンやディーゼルを追加していくと見られます。

現在のモデルの価格は800万円台後半から。以下がラインナップですが、新型では新デザインや装備のプレミアムがのり、900万円台からのエントリーモデルになり、最初に投入されるモデルは1000万超えとなるでしょう。

グレード名 排気量 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GLE350d 4マチック
2986cc 9AT フルタイム4WD 5名 12.9km/l 8,780,000円
GLE350d 4マチック クーペ
2986cc 9AT フルタイム4WD 5名 13.3km/l 9,000,000円
GLE350d 4マチックスポーツ
2986cc 9AT フルタイム4WD 5名 12.9km/l 9,750,000円
GLE350d 4マチック クーペスポーツ
2986cc 9AT フルタイム4WD 5名 13.3km/l 9,910,000円

日本導入時期は?

気になる日本への導入時期は、2019年中盤と考えられます。ますます人気の上がっているSUV市場ですが、これからが非常に楽しみなモデルです。

BMW 3シリーズ セダン 新型

こちらもつい最近になって情報が入ってきました。BMW 3シリーズ。世界のプレミアムブランドのど定番です。このモデルは10月2日9時に始まるプレスカンファレンスで姿を現すことになりそうです。ちなみに、今回BMWでは会場では新型3シリーズ セダンに加え、新型「Z4」「8シリーズ クーペ」や第4世代となる新型「X5」なども展示される予定で、相当力が入っていることがわかります、いつの時代でもとにかく迷ったら、BMWの3シリーズを買とけば間違いないと言われている人気の車でティザー画像からはさらにシャープにスポーティーなプロポーションになっていますので、この登場も非常に楽しみです。ほとんど5シリーズに近い風格も持っています。

インフィニティ プロジェクト・ブラックSプロトタイプ

続いては日産の高級車ブランドインフィニティーからの一台です。今回のパロモーターショーでは「プロジェクト・ブラックSプロトタイプ」を公開と日産は発表しています。もともとインフィニティは2017年、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2017において『プロジェクト・ブラックS』を発表、公開していおり、今回はそのハイパフォーマンスモデルとなります。インフィニティは2021年以降、全ラインナップに電動パワートレイン車を設定する計画を発表してはいますが、今回のモデルもその方向性を表すモデルと言われています。しかし、外観はマット塗装にブラックスタイリングとかなりイケイケなエクステア、コンセプトとなっており、電動化はどちらかというとサステナビリティーや環境よりも、パフォーマンスを重視してコンセプトを考えている可能性があります。

プロジェクト・ブラックSプロトタイプには、ルノースポールF1チームの持つエアロダイナミクス技術を導入したりして、直進時の安定性とコーナリング時の高いトラクション性能を追求しており、どちらかというとパフォーマンスにふったモデルです。

パワートレインに関してはいまだ、直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンですが、デュアルハイブリッド電動パワートレインにすることで、最大出力571psで、0~100km/h加速4.0秒以下となります。ただこちらも完全な電動化にした方が、パフォーマンスのみを追求するのであれば速そうです。いずれにせよ、モデル自体はとてもカッコ良いのでその発表が待ちどしいですね。

ホンダ CR-Vハイブリッド

つづいては国産メーカーで、ホンダの新型車となります。今回、日本では久しぶりに復活を遂げるCR-Vですが、今回のパリモーターショーでは新型「CR-Vハイブリッド」が初公開されます。ちなみに、ヨーロッパではホンダのハイブリッド車がSUVに搭載されるのは、今回のCR-Vが初めてです。2.0L 直列4気筒ガソリン「i-VTEC」に2個のモーターが組み合わさったシステムとなります。走行モードは、ゼロエミッションのEVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブが可能で、いろいろなシーンによって使い分けが可能。バッテリーはリチウムイオンとなり、NEDC燃費は18.9km/リットルと、SUVとしては非常によい数字になっていますね。

レクサス RC改良型

レクサスも新モデルとして、改良を行ったRCの発表を行います。これまで、プロダクトポジショニングとしてぽっかりと空いていたクーペモデルですが、今回改良新型RCを投入することでこの部分を補完します。外観は、フラッグシップクーペのLCの流れを汲み、スポーティかつエレガントさを追求したクーペでとても流麗で綺麗なデザインになっていますね。このようなエクステリアです。フロントライトの造形が少し煩雑な感じをうけますが、最新のレクサスのデザイン言語を踏襲しているといえるでしょう。はやり、全体的なプロモポーションはとても良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?10/4から始まるパリモーターショー2018です。会期は14日までありますが、なかなかパリまでは車好きでも足を運べませんので、この記事にて、気になるモデルをまとめていきたいと思います。



外車.COM おすすめ記事