ホンダ 電気自動車 「Honda e」を2019年から発売!

みなさん、こんにちは!

2017年の東京モーターショーでHonda Urban EV concept、ホンダアーバンEVコンセンプトとして発表され注目を集めていた、ホンダの電気自動車モデルですが、とうとうその計画が明らかになりました!

本田技研工業は2月27日、スイスジュネーブで開催される「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」で新型EV(電気自動車)のプロトタイプ「Honda e(ホンダ イー)」を世界初公開すると発表しました。このモデルは2019年後半に生産開始となる予定とのことです。

新開発のEV専用プラットフォームを採用のHonda eは、コンパクトなボディにで市街地での取りまわしのよさと優れた走行性能を両立。後輪を駆動するモデルで、走りの楽しさを実現すると同時にWLTPモードで200km以上のEV走行、30分で80%まで充電可能な急速充電(Chademo・チャデモなど)に対応しています。

すでに海外のサイトではモデルのプレビュー動画が流れています。




シンプルでクリーンなデザインを目指して、ポップアップ式のドアハンドルや「サイドカメラミラーシステム」を搭載するようです。インテリアは大型ディスプレイを多く採用して、いろいろなコネクテッドサービスを提供するとのことです。これからが楽しみなEVです。

ホンダは2030年までに、世界で販売する台数の3分の2以上を、ハイブリッド車(HV)や、プラグインハイブリッド車(PHV)を含めた電動車にする方針を掲げています。