2019年 東京モーターショー2019について

みなさん、こんにちは。

今年は2年に一回の東京モーターショーが開かれる年となりました。今年は第46回目の東京モーターショーとなり、2019年10月24日(木)から11月4日(月・祝)まで東京ビッグサイト(江東区・有明)を中心に開催することとなっています。今回は東京ビックサイトだけではなく、 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討されており、お台場の町全体でのモーターショー開催となるようです。

具体的な日程

2019年10月24日(木)から11月4日(月・祝)が期間となりますが、10月23日8時から18時、24日8時から11時30分までがプレスデーと呼ばれ、招待されたメディアやジャーナリスト関係の人が集まる日となっています。26日14時から18時までが障がい者向けの特別見学日、開会式など公式な開催日は24日11時30分から18時となっています。限定されたプレビューデーは25日9時から14時となっており、一般公開は25日14時からです。

東京モーターショー2017で注目だった車

外車.comでもレポートしたように以下のような車、マツダの コンセプトカーVISIONコンセプト、魁 CONCEPTやトヨタのクラウン新型、センチュリー新型が注目されていました。

東京モーターショー マツダ Mazda 塊 VISIONコンセプトがかっこいい

2017.11.02

トヨタ クラウンの新型コンセプトが東京モーターショーで登場

2017.10.09

東京モーターショー2019の見所は?

前回の東京モーターショーでは多くのメーカーから電動化(EV)が提案され、ほとんどブランドで電動化にシフトをしている印象を受けました。例えば国産のメーカーであればホンダのEVの「Honda e」などです。

Honda アーバン EVコンセプト Honda e

2019年はより電動化のモデルも発表されるでしょうし、自動運転技術についても、いろいろな躍進を印象付ける展示があるのではないでしょうか。

あとは、2017年にトヨタが力を入れていたように、よりドライブを楽しむことのできる車。Gazoo ガズーレーシングのようなブランド展開もあるように思えます。

2017年に行われた「第45回東京モーターショー2017」の来場客数はおよそ77万人で、世界10カ国から計150社が出展していました。2019年の東京モーターショーでは次世代自動車の自動運転技術やコネクテッド技術や人工知能(AI)技術などが大きな注目を集めそうです。

東京モーターショー2019の注目の車は?

今後出展を決めた各メーカーからは東京モーターショーで初お目見えとなる、モデルが発表されますので、ここのブログで更新していきたいと思います。今年も楽しみなモーターショーになりそうです!