マツダ 新型SUV・クロスオーバー CX30がデビュー

みなさん、こんにちは。

マツダに新しい、SUVの車種、CX-30の登場です。マツダは3月5日に開幕した「ジュネーブモーターショー 2019」のプレスカンファレンスで、新世代商品の第2弾モデルとなる新型SUV「CX-30」を世界初公開しました。今回は事前に新しい、SUVを後悔すると情報がありましたが、このネーミングには驚かされました。

プレスカンファレンスでスピーチを行なったマツダの丸本明代表取締役社長が言うように全世界、特にヨーロッパではこのタイプのクロスオーバーSUVのセグメントが大きくなってきており、ここのプロダクトを埋める商品がマツダにも必要だったのこと。これからどれだけこのセグメントに食い込めるか、気になるところです。こちらがら新しいCX-30。

CX-30のボディサイズは4395×1795×1540mm(全長×全幅×全高)で、Mazda 3よりも腰高、CX-3とCX-5の間のサイズとなります。いまではアウディなどもQ2やBMWもX2など、従来のSUVのセグメントの間にクロスオーバーモデルを投入してきていますので、正しい戦略のように思えます。

プラットフォームについては新世代車両構造技術スカイアクティブ ビークル アーキテクチャを採用しています。もちろん、クロスオーバーとしてスタイリングを重視しながらも、大人4人がしっかりと座れるスペースを生み出し、ラゲッジの容量も430Lを持っています。このあたりはデザイン重視にならずより使い勝手がよくマーケットにも受け入れられそうですね。1540mmという全高は、日本の機械式立体駐車場の高さ制限を考えて作られています。

日本への発売開始は?

CX-30は2019年の夏から欧州をで順次発売される予定とのことで、日本は2019年中に入ってくればよいのではないでしょうか。エンジンは2リッターガソリン、1.8リッターディーゼルがベースと考えられており、ハイブリッドや電気などは予定されていません。しかし国産車ではまだないボデータイプですので、現在C-HRやヴェゼルに占められている小型SUVクロスオーバーマーケットがどのような展開になるのか楽しみです。