フォルクスワーゲン新型EVはID.3

みなさん、こんにちは。

フォルクスワーゲンのTesla Model 3対抗馬はID.3と名付けられ、9月の2019年フランクフルトモーターショーで発表される予定です。テスラ のモデルと同様にID.3には1,000ユーロの返金可能なデポジットを支払う必要がるようです。ドイツでの販売は30000ユーロですから450万くらいの販売価格と予測されています。

エントリーレベルのモデルは1回の充電で最大330 kmを走行することができま、ミッドレンジとトップクラスのグレードは420 km・550 kmの航続距離を持ちます。(全てWLTPサイクル)

ID.3はフォルクスワーゲンのビートルやゴルフに続き、VWブランドの歴史における戦略的重要性の第3章を迎えると、フォルクスワーゲンのブランドエグゼクティブ、ユルゲン・スタックマンさんは述べています。これまで、エポックメイキングなモデルを輩出してきたフォルクワーゲンですが、電動化についてはかなり他のメーカーに遅れをとっている印象があります。

ヨーロッパでの事前予約の初めには40,000ユーロのID.3 1stエディションから展開される模様。ID.3 1st Plusというモデルは内側と外側の光と二色のデザインやパノラマのガラス、ヘッドアップディスプレイを装備するようです。フォルクスワーゲンの計画ではID.3 1stを3万台生産し、2019年末には生産を開始する予定。最初の車は2020年半ばに顧客に納入され、最初の1年間は2,000kWhの無料充電もバンドルされるとのことです。特に充電インフラの充実はテスラ に対抗するためにはとても重要かもしれません。

日本への導入については特にフォルクスワーゲンジャパンから発表はありませんが、今後9月のフランクフルトモーターショー以降は詳細がわかってくると思われます。続報を待ちましょう。