TOYOTA SUPRA トヨタ 新型スープラ発表・発売

これまで何度か外車.comでもとりあげてきたトヨタのスープラですが、最終的に5/17に日本でもその仕様の全貌があきらかになりました。これまでティザー映像や画像、その他ジャーナリストの試乗記がウェブにはでていましたが、これから本格的に販売が開始されます。

トヨタ自動車は5月17日、新型スポーツクーペ「スープラ(Supra)」を発売。その価格は490万円~690万円となっています。トヨタではこの発売と同時にその上級グレード「RZ」で専用色「マットストームグレーメタリック」のボディカラーを採用した限定モデルの予約を開始。2019年度はたったの24台の生産とのことです。この価格帯のモデルでマットカラーはとてもマニアには嬉しい仕様ですね。最新モデルはスープラの長い歴史の中でも5代目。初代モデルは1978年にセリカとしてデビューを行いました。その後輸入モデルの名称であったスープラを継承し販売。2002年まで販売されました。

立ち上げモデルのラインナップは以下となっています。

モデル エンジン 駆動方式 価格 WLTCモード燃費
SZ 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ(197PS/320Nm) 8速AT 2WD(FR) 4,900,000円 13.1km/L
SZ-R 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ(258PS/400Nm) 5,900,000円 12.7km/L
RZ 直列6気筒 3.0リッター直噴ターボ(340PS/500Nm) 6,900,000円 12.2km/L

今回はBMWとの共同開発・生産のため、最新モデルのスープラの生産はオーストリアにあるドイツの大手部品サプライヤー、マグナ・シュタイヤーのグラーツ工場で行われ、その後日本には生産後に船便で運ばれ、トヨタ自動車 元町工場での検査を経て経由してユーザーに届けらるようです。品質も走りもBMWとの開発で高まっていることを期待します。

搭載エンジンは2.0リッターの直列4気筒 直噴ツインスクロールターボと3.0リッターの直列6気筒 直噴ツインスクロールターボの2種類です。6気筒のエンジンについては250kW(340PS)/5000rpm、最大トルク500Nm(51.0kgfm)/1600-4500rpmを発生し、これまでのファンにも十分受けそうなスペックになっています。WLTCモード燃費はSZが13.1km/L、SZ-Rが12.7km/L、RZが12.2km/Lと発表されています。

もちろん最新のトヨタモデルであり、繋がる系の機能や安全性も怠っていません。車載通信機のDCMを搭載することでコネクトサービスを実現しており、リモートサービス等を受け取ることができます。安全装備に関してはプリクラッシュセーフティー、ブラインドスポットモニター、レーンデパチャーアラート、レーダークルーズコントロールを採用しており、走りだけに特化したモデルではないようです。

安全機能標準装備一覧:

  • 昼間の歩行者に加え自転車の運転者を検知し、衝突回避支援または被害低減を図る「プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」
  • 隣車線の死角を走る車両を検知する「ブラインドスポットモニター」
  • 前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」
  • 車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストする「レーンディパーチャーアラート」

スープラ専用のコネクティッドサービス「Toyota Supra Connect」:

  • 専用のスマホアプリなどから車両の遠隔操作、確認ができる「リモートサービス」
  • バッテリーの電圧低下を自動的にメールでお知らせする「バッテリーガード」
  • Apple CarPlay®に対応

詳しい商品情報はトヨタ自動車のウェブから確認できます。気になる人はデイーラーへの訪問も合わせて検討してきてください。

トヨタ広報資料:

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/28086838.html