BMW 1シリーズ 新型発表!

独BMWは5月27日(現地時間)に新型「1シリーズ」を発表しました!!今回の1シリーズは第3世代となります。6月25日~27日にドイツはミュンヘンで開催される「BMW Group #NEXTGen presentation platform」で初公開。9月28日から世界で販売開始となります。(これには日本も含まれます)

概要

1シリーズは2004年に初代モデルが登場して、累計で130万台以上を販売してきた人気モデルです。新しいBMW 1シリーズは、15年ぶりに前輪駆動(FF)となる初の1シリーズとして発表。これまで現行の1シリーズが最後のFRコンパクトとなりブランドのモットーとする駆け抜ける喜びを体現したモデルでしたが、FF化によるスペースなどが重視された結果1シリーズもFFとなりました。今回の1シリーズはBMW X2に驚くほど似ており、ベンツのAクラスにもラインが似ています。 BMWは1シリーズの新しいデザインと形状により、インテリアスペースを大幅に拡大したとのこと。後部のパッセンジャーシートは追加の19 mmのヘッドルーム、33 mmの追加のレッグルーム、および13 mmのエルボルームを装備しさらにスペースが増えています。カーゴスペースは380リットルで以前のモデルよりも20リットル多くなっています。後部ベンチスペースを折りたたむと、後部積載スペースが1200リットルに拡大。このように新1シリーズは街乗りやふだん使いでの使い勝手を最大限に考慮したモデルとなっています。(ボディサイズは4319×1833×1447mm(全長×全幅×全高))

インフォテイメント

新しい1シリーズのインテリアは最新のBMW Operating System 7.0の10.25インチインフォテインメントスクリーンを装備。また、9.2インチのBMWヘッドアップディスプレイはオプション追加装備です。新型「3シリーズ」で初採用した、AIを活用するデジタルアシスタント機能「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」も採用しHey BMWなどのボイスコマンドで操作も可能です。

エンジン

エンジンについてはヨーロッパでは3つのディーゼルエンジンと2つのガソリンとなっています。ディーゼルのベースは116dとなり、118dと120d xDriveなどをラインアップ。ガソリンエンジンにはBMW 118iとM135i xDriveを用意。Mについてはそのエンジンパワーで4.8秒で62 mph(100 km / h)に達することができます。もちろん、116d、118d、118iには6速マニュアルトランスミッションを標準装備。118dや120d xDriveはオプションの8速Steptronicトランスミッションを選択できます。

安全装備

先進運転支援システムでは、カメラ、レーダー、超音波センサーなどを使って車両周辺の状況を監視する衝突回避・被害軽減ブレーキ、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)を標準装備しています。

日本への導入は?

9月28日から世界で販売開始とすでに発表をされていますが、細かいラインアップやスペックについては後悔されていませんので、これからの続報を待ちたいと思います!