レクサスの最高級セダンLSにLS-Fが追加 2019年10月

レクサスは新型LSシリーズに新たにスポーツ性能を高めた高性能バージョン「LEXUS LS F」を追加し 2019年10月に発売 します。これまえ、2017年の10月の新モデル発表後、とても好評を得ていたLSですが、それまでのラグジュアリーに加え、スポーツ路線も追加となります。

LSとは?

LEXUS(レクサス)ブランドのフラッグシップセダン「LS」で、現在は5代目です。そのスタイリングからわかるように新型LSは、セダンとして十分な居住性を確保しながら、その流麗なクーペライクなスタイリングでレクサスの最高級セダンとしてブランドを表しているモデルです。ラインアップは、3.5L V型6気筒エンジン+ハイブリッドシステムを搭載したLS500h、3.5L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載したLS500となっています。

LS Fの変更点とは

今回のLS-Fの追加によって新開発 4.0L V型8気筒ツインターボエンジン 最高出力447kW (608ps)、470lb-ft(636Nm)、トランスミッションはアイシンが開発した10速オートマチックトランスミッションが組み合わせされます。また、専用のエアロパーツを使用することで、空力性能を強化し、高性能サスペンションやブレーキシステムにより走行性能を向上するようです。

現在のLSのラインナップ

すべてのグレードには新開発マークレビンソンリファレンス3Dサラウンドサウンドシステムを搭載。「エグゼクティブ」「バージョンL」、専用の20インチベンチレーテッドディスクブレーキ、20インチランフラットタイヤ&ホイールを装備した「Fスポーツ」、最高級装備の「Iパッケージ」というラインナップになっています。駆動系は2WDと4WDの両方を装備。進化した予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準装備しています。

日本での発売は?

こちらは2019年10月に発売予定です。今後詳細なエクステリアデザインが発表されると思いますが、これまで高級セダンの代名詞であったメルセデスベンツのSクラスに追いつくのももうすぐのように思えます!